« バルセロナではたらくくるま | トップページ | ティファナの治安 »

消えたグレープフルーツゼリー


ブログネタ: あなたの「手作り喜怒哀楽」教えて!参加数

   今から25年以上も前、結婚前のことです。

彼(今の夫)の実家を訪ねるとき、手みやげにグレープフルーツゼリーを

もっていきました。もちろん手作りして。

   グレープフルーツを半分に切って果肉を取り出し、果汁を絞り、

ゼラチンを加えて作りました。料理は得意なのでとくに問題もなく。

   少しおしゃれに、皮を器にして冷蔵庫で冷やしておきました。

そのまま持っていけば良かったんです。半分のまま。

でも、彼の家でナイフを借りて切るのもなんなので、一人前ずつ、

4分の1の大きさに切ってそれをきれいな箱に入れました。

   確か、5月の暖かい日でした。

彼の家に着き、”ゼリーを作ってきたんです〜”と料理上手をアピール

しながら箱を開けるとそこには、

   グレープフルーツの皮だけがきれいに並んでいました。w(゚o゚)w

一瞬何が起こったのか理解ができませんでした。多分、みんなも。

気温が思いのほか高く、ゼリーが溶けてしまったんです。

彼のお母さんが、こぼれて水のようになった元ゼリーをスプーンで

集めて器に入れて、冷蔵庫でもう一度冷やしてくれました。

 

   昔風に言うと、

”甘酸っぱくて、ほろ苦い青春の思い出です。”

って言うんでしょうね〜。

|

« バルセロナではたらくくるま | トップページ | ティファナの治安 »

ブログネタ」カテゴリの記事

コメント

食べる箇所がないデザートほど悲しいものはないですね・・・なんだか落語に出てきそうなオチだねwwwww

投稿: みお | 2010年2月 9日 (火) 01時18分

私にもこんな可愛い失敗をする若い時代があったんです (*^.^*)

投稿: saiko3 | 2010年2月 9日 (火) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えたグレープフルーツゼリー:

« バルセロナではたらくくるま | トップページ | ティファナの治安 »