« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

夏の定番料理です

夏は台所滞在時間をできるだけ短くしたいもの。

でも、お肉も野菜もたっぷりとりたいですよね。

似ているけどちょっと違う夏の定番メニュー三品です。


その1  棒棒鶏

Photo

鶏もも肉がふっくら仕上がったので、大きめに裂きました。


その2  冷しゃぶ

Photo_2

冷しゃぶはほとんど豚肉で作ります。

ごまだれとおろしポン酢を用意しますが、最近はおろしポン酢の方が

人気が高いかな?


その3  焼きしゃぶ

Photo_3

焼きしゃぶのときは牛肉にします。

さっぱりしたものが食べたいけどスタミナもつけたい、そんなときに。

たっぷりのスライスにんにくと牛肉を炒めて、おろしポン酢で。

野菜はその時々で違いますが、たっぷり食べられますよ!

おろしポン酢って、優秀ですよね〜。大好きです!


火を使う時間は短く、でも豪華に見える夏メニューです。

| | コメント (4)

バーニャカウダとたらこスパゲティ

『何か食べたいものある?』と娘2号に聞いたところ、返事は『セロリ』

セロリ・・・考えた末、バーニャカウダを作ってみることにしました。

とは言うものの、自分で作った事がない!

我が家の食卓には過去2〜3回のぼった事があるのですが

それは夫が作ってくれたものなんです。

ネットでいろいろ検索し、夫が作っていたときの事を思い出しながら

作ってみました。

Photo

おおざっぱな作り方はこんな感じです。


 1) にんにく1個(1片ではありません)の皮をむき半分に切って

    芯を取る。

 2) 水から入れてゆでこぼす。

 3) にんにくを鍋にもどしひたひたの牛乳で柔らかくなるまで煮る。

 4) 牛乳からにんにくを取り出しつぶす。

 5) 鍋にオリーブオイルとアンチョビを入れ温め、つぶしたにんにくも

    加えよく火を通す。ここで味見、塩気が足りなければアンチョビを

    プラス。

 6) 仕上げに生クリームを入れ、もったりさせる。


結構たっぷりと思ったけど、私と娘ふたりで食べきりました。


あとはタラコとイカのスパゲティ。

Photo_3

バターを使わず、卵黄にたらこと生イカを混ぜておき、

パスタと混ぜるのが私流です

母娘三人のある日の夕食でした。

 


 

| | コメント (2)

スペイン語を学ぶ!

メキシコのティファナ

スペインのバルセロナ


片言以前のスペイン語でも通じた嬉しさが忘れられず・・・

地味〜に独学してました、スペイン語。

いつかまたスペインに行きたい!と、そしてその時は

スペイン語で会話がしたい!と思って。

今年の目標のひとつでもあったんです。

ただ最近、独学の限界・・なんておおげさですが(*^-^)・・ というか、

相手がいない寂しさを感じ始めていました。


そんな訳で、思い切って全9回の入門コースを受講することにしました!

1回目のレッスンを受けてみて、とっても楽しかった〜!

内容は、もう既に頭では分かっている挨拶とかバルでの簡単な注文。

でも、実際に相手がいて声を出してみると、なかなかすらすらとは

いかないもので。

それがまた新鮮で楽しかった

とりあえずは、9回のレッスンを頑張って受けてみて

次のコースに進むか、独学に戻るか・・・考える事にします。

| | コメント (10)

娘2号作の朝食 and 夫作の昼食

休日の朝、娘2号が朝食にオープンサンドを作ってくれました。

Photo

卵好きの娘2号、ゆで卵にマヨネーズは定番ですが

この日はそれにアンチョビをプラス。

半分は乾燥バジル、もう半分はブラックペッパーをかけてみました。

アンチョビが大人の味にしてくれて、おいしい卵サンドでした。


そして昼食。

休日の昼食は、いつも夫が作ってくれます

私は野菜の千切りなど夫の苦手なことを手伝うだけ。

この日は、ラーメンサラダ(サラダラーメン?)

Photo_2

野菜だけはいつものように私が切って、盛りつけは夫。

昼食作りの主導権は夫にあるので、頼まれた事だけを手伝い、

決して口は出しません。

盛りつけに多少の難があっても・・・

| | コメント (6)

初カレーうどん!

カレーうどん、始めて作りました。

今まで作らなかったことに深い意味はなく・・・

おそば屋さんに行ったら、

いつもカレー南蛮より食べたいメニューがあったし・・

嫌いじゃないから食わず嫌いではないけど、

でもわざわざ食べたいメニューではなかったし。


ところが今年の冬、娘1号が作ってくれた事があるんです。

そしたら予想をはるかに超えておいしかったんですよ。

”ちょっと感動!” くらいに。


それを思い出しながら、作ってみました。

Photo

鶏肉・人参・長ネギ・しめじそれから油揚げ。

市販の麺つゆとカレールーを使って作りました。

味見をしながら作っているので

食べたときに ”感動” は無かったけれど、

おいしくできました。


市販品使用で簡単だし、時間もかからないので

見事、我が家のレパートリー入りを果たしました。

 

| | コメント (2)

肉みそを使って

某ビアホールで食べたメニューを私流にアレンジしてみました。


 冷や奴の肉みそのせ

Photo_2

生姜のみじん切りと一緒に炒めた挽肉を

豆板醤・甜麺醤とお醤油で甘ピリ辛に味付けします。

長ネギのみじん切りもたっぷり入れました。

豆腐に肉みそをのせ、その上に薄切りの長ネギと大葉を散らします。

上からごま油をかけてどうぞ。


同じ肉みそを使ってもう一品作ってみました。


肉みそのぶっかけうどん

Photo

ゆでてお湯を切ったうどんの上に、

肉みそ・大根おろし・揚げ茄子・長ネギ・かいわれ・大葉をのせます。

だしをかけてどうぞ。

揚げ茄子と肉みそのおかげで、あっさりし過ぎないところがいいですよ。

暑い毎日ですので冷たくして食べましたが、温かくてもよさそうです。


この肉みそにたけのこやしいたけのみじん切りを入れて

少量の中華スープで煮て、片栗粉でとろみをつければ・・・

ジャージャー麺ができますよね。

 

| | コメント (4)

夏に蒸し肉野菜

冬にホットプレートでよく作る簡単メニューです。

娘2号からリクエストがあったのですが、さすがにこの時期

ホットプレートを囲むのはつらい。

という事で、せいろ蒸しにしました。


Photo

もやしとお肉だけでも十分おいしいのですが、

この日は、もやし・人参・エリンギ・ししとうを使いました。

蒸し過ぎでししとうの色が悪くなってしまいましたね。

おろしポン酢で、お肉も野菜もたっぷり、さっぱり食べられます。

野菜は何でも、そうそうおくらも結構おいしいですよ。

それから、胡椒をたっぷりきかせるのがコツ。


Photo_2

帰りの遅い娘1号には、ちっちゃいせいろで一人分だけ蒸します。

こんな風に書くと、とっても優しいお母さんみたいですね〜

でも基本的にマイペースなので、サービス内容はその日の気分次第です。



| | コメント (4)

みなさん、ありがとう!

今年1月15日にこのブログを始めて6ヶ月がたちました。

右も左もわからずに、 ”えいっ” と。

初めは、旅行の記録からでした。

なかなか更新もできず、時間だけが過ぎて行きました・・・(;д;)

アクセス数も微妙な感じで・・・・・・・・

5月、当初の目標でもある ”料理” カテゴリーに進出(というほどのものではなかったのですが)

この頃からブログの楽しさに魅かれ始めました。

自分の記事にコメントを頂くのはもちろんうれしいのですが、

他の方のブログを読むことがこんなに面白いとは!

なかなか更新されないとどうしたのかな〜 (lll゚Д゚) と心配したり、

おいしそうな料理があれば夕食のメニューに加えたり。

家族も、料理の写真を撮るのを待ってくれたり、

新メニューがあれば ”ブログで見つけたの?” と good な反応。

我が家の食卓がずいぶん豊かになりました。

つたない記事ですが、時々のぞいてその上コメントをくださる方も

少しずつ増えて・・・本当にありがとうございます


適当に、いい加減になりそうな私に、ちょっとだけ見栄をはらせてくれる・・

みなさんのおかげです。

ありがとう、そして、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (6)

レバニラはちょっと苦手・・・?

心と頭だけではなく、体までばててしまってはいけないので

スタミナ食レバニラ炒めを作りましょう。

でもちょっと苦手なんです・・・

いえいえ、レバーは好きですよ。

どうも、味が一定しないんですよね〜


Photo_6

前回味が濃すぎたので、少し控えたら今回は薄味。

料理にはそこそこ自信があるんですが、レバニラ炒めは

はっきり言って ”いまひとつ” です。

自分の中で作り方が一定していないからなんでしょうね。

一度どなたかのレシピに忠実に作ってみた方が

いいのかも知れませんね。

成功体験が必要な気がします。

今の私には・・・


| | コメント (4)

スープカレー

早くも夏バテ・・・

体は大丈夫なのですが、心と頭が弱っています。

つまり、やる気と思考力にかげりが出ています。

メニューを考える力と料理を作る気力が・・・

そんな時はやっぱりカレー!


Photo_2

でも、玉ねぎをじっくり炒めるのはこの時期勘弁してほしい。

(ほんとは結構好きなんですよ、玉ねぎを飴色になるまで炒めるの。)

という訳でスープカレーにしました。


Photo_3

この箱のお世話になりました。


Photo_4

バターを入れて炊いたご飯に乾燥バジルをちょっとかければ

そんなに手抜きに見えないでしょ?


Photo_5

この日はみんなバラバラの時間に夕食だったので

カプレーゼは大皿に盛らずに一人分ずつです。

トマトもモッツアレラチーズもころころに切って、塩とオリーブオイル

それにバジルを一緒に混ぜました。


 

| | コメント (4)

今日もまた地味メニュー

千葉出身の方のはなしによると ”さんが焼き” と言うらしいのですが・・・

Photo_2

うちでは ”いわしのハンバーグ”と呼んでいます。

娘たちが小さい頃はこれを作ると、

”次はお肉のハンバーグにしてね (;д;) ” 

と言われたものです。

大人になった今は、おいしさがわかるようになって来たらしく、

たまにリクエストされます。

 

作り方は

  1) いわしを手開きにして皮をむく。

  2) 粗くたたいて、長ネギのみじん切り・味噌を加えて混ぜる。

     (我が家はからめの味噌を使っているので砂糖も少々。)

  3) つなぎに片栗粉を少量加えて混ぜる。

  4) 大葉ではさんで形を整える。

  5) フライパンにサラダオイルをしき両面を焼く。


いわしの臭みが気になる人は、生姜の絞り汁を加えると

いいかもしれませんね。 

 

| | コメント (4)

豚肉のザーサイ炒め

メニューに困ったときによく登場します。

簡単なのにはずれなし。見かけは地味ですが。

Photo_2

2パターンあるうちの元祖はこちら。

  1) 豚肉(私の好みでしゃぶしゃぶ用を使っていますが、こま切れでも・・)

     を炒め、火が通ったら薄切りにしたタケノコとザーサイを加える。

  2) 太さの半分に包丁を入れ薄切りにした長ネギを加えさらに炒める。

  3) ザーサイの量によって味が足りなければ醤油を少々。

  4) 香り付けにごま油を回しかける。


今思い出したのですが、以前は材料を全部細切りにしていました。

青椒肉絲のように。

いつの間にか手間をかけない今の形になって行ったみたいです。


もうひとつは、こちら。

Photo_4

タケノコと長ネギの代わりに、水菜を使います。

水菜はすぐに火が通るので、味を決めてから水菜を入れ

すぐに火を止めるのがこつです。


好きなのは、タケノコと長ネギの方。

でも、中途半端に水菜が残ったときやお弁当のおかずには

水菜バージョンも。

水菜の緑がお弁当の彩りを助けてれます。

もっとも今は暑さに負けて、お弁当は一方的にお休み中なんですけど・・・

涼しくなったらまた、お弁当のおかずに登場するはず!


| | コメント (4)

海外出張帰りには・・

普段は特に和食好きという訳ではない夫ですが、

海外出張から帰った日はこんな夕食が喜ばれます。

         ものすごく雑然としていますが・・・・・・・

Photo_2

 

     焼き魚(ソフト身欠きニシン) ・ 大根おろし
     揚げなすのザーサイソース
     厚揚げのたまねぎはさみ
     もろきゅう ・ ぬか漬け

(食べ盛りの男の子がいたら成立しないメニューですね)


 揚げなすのザーサイソース

Photo_3

  1) なすをたてに6等分〜8等分し、素揚げする。

     あるいは、フライパンに多めの油を入れ揚げ焼きする。

  2) 揚げたなすの油を良く切り、冷蔵庫で冷やしておく。

  3) ソースを作る。

     ザーサイ・生姜・長ネギをそれぞれみじん切りにし、

     酢・砂糖・醤油・ごま油を混ぜる。

  4) 冷やしたなすにザーサイソースをかける。


なすを揚げずに蒸すという作り方もあるようですが、物足りなく感じそうで

まだ試したことはありません。

もう少し年を取ったら試してみましょうか・・・・・

 

| | コメント (2)

御門屋の揚げまんじゅう

御門屋の揚げまんじゅう

これも娘1号の好きなもの。

娘1号がまだ高校生の頃、苦手な数学を当時大学生だったいとこのところへ

教えてもらいに通っていたとき・・・・・

義姉がおやつに出してくれたそうです。

残念ながら数学は・・・(;д;) 

でもこの揚げまんじゅうは時々思い出して、買ってきてあげます。

と言っても、恵比寿のアトレ店しか知らないのですが。


Photo_2

左は揚げまんじゅう、右はごま入り揚げまんじゅう。


Photo_3

中身はこんな感じです。

私の好みは、ごま入りの方。

娘たちは両方をぺろりと行きますが、私はごま入り一個でやめておきます。

ちっちゃいけど揚げてあるので十分満足です。

こぶりな大きさといい、100円という値段といい、なかなかですね〜。


| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »