« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

続・真夏の甘酒

甘酒って、冬のものだと思ってました。

ところが、昔は夏のものだったそうですよ。

実際、俳句の世界では ”甘酒” は夏の季語なんですって!


昨日の晩、夫と話していて思い出しました。

数年前、テレビか新聞かでこの情報を夫と二人で見て

”へえ〜、知らなかったね。”と話した事を。

私はすっかり忘れていたけど、夫は覚えていたんですね。

で、真夏に作ってみたそうです。

温度計を使っての実験的料理への興味と、夏バテ妻への愛(!)、

どちらが大きいかは?ですが・・・


わたしの体調を気遣ってくれた夫に、ありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真夏の甘酒

先週の土曜日、仕事の後スペイン語レッスンに行って帰宅すると・・・

夫が台所で何かやっている・・・

手には料理用の温度計・・・

そういえば先々週、甘酒作りたいからと米麹を一緒に探し回りました。

やっと見つけたのに、冷蔵庫に入りっぱなしだったの。

今日が決行日だったのね〜

うるち米のご飯で、炊飯器でできるらしいですよ。

餅米で作る甘酒よりもさらっとした感じでしたが、甘くてほ〜っとする味。

Photo

写真は冷やした甘酒。

甘みも控えめに感じられ、夏にはいいかも。

夏バテのおなかにもとってもやさしくて。

ありがとう。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏バテ中です!

なんとか毎日料理を作っていますが・・・

写真を撮ってブログを書く気力がありませんでした(;ω;)

でも、忘れ去られるのも悲しくて・・・

こんな写真しかないけれど・・・

Photo


素麺です。


Photo_3


ねぎ、大葉、みょうがの薬味の他に、具を用意するのが我が家流。

椎茸の甘辛煮、錦糸卵、きゅうり、油で炒めたなす、それにひきわり納豆。

錦糸卵にきゅうりの千切りなんていうと、冷やし中華みたいと言う人もいますが、

油炒めのなすがあるとちょっとこってり(?)感もあり、

ひきわり納豆のネバネバ感もさっぱりしすぎなくて結構いいんですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私って・・・

     せっかくの平日のお休み

    自分の服でも買いに行こう!

家を出るときは確かにその予定だったのに・・・・・

    帰宅した私が手にしていたのは

Photo

   ピクルス用によさそうな密閉容器

   前から気になっていた電動ペッパーミル

   スリッパ

   パン

   チーズ

   バルサミコ酢


先月も同じような事があって・・・

そのときに買ったものは、確か〜

  枕カバー用の生地

  安売りしていたホールトマト缶

  ガルバンゾ缶

  オリーブオイル

  パン

  チーズ

  会社のおやつ用のポロショコラ


やっぱり私は、色気より食い気なのね〜

前から薄々気づいてはいたけどね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ガスパチョ作りました!

スペイン語の先生に、 ”スペイン料理を作りたい!” とお話ししたら

さっそくレシピを下さいました。

暑い夏にぴったりの、 ”ガスパチョ” です。

Photo

<材料>  3〜4人前

  トマト(完熟)       3〜4個
  玉ねぎ          1/2個
  きゅうり          1/2本
  パプリカ(赤)       1個
  ピーマン          1個
  ニンニク          1/4片
  フランスパン       2〜3切れ
  レモン汁         1/2〜1個分
  オリーブオイル     大さじ3
  塩             小さじ1/2
  冷水            1カップ

<作り方>

 1) 野菜はすべてざく切りにし、ニンニクはつぶす。

 2) フランスパンは皮の部分を除き、白い部分だけを少量の水に浸す。

 3) 塩と冷水以外の材料をすべてミキサーに入れ撹拌する。

 4) 好みのとろみ具合になるよう冷水を加える。

 5) 味を見て、塩で味を整える。

 6) 分量外のトマト、きゅうりなどをみじん切りにして上に飾る。


ざっとこんな感じですが、私は結局水は加えませんでした。

トマトやあるいは加えるフランスパンの分量などで、とろみ具合が違ってくる

のでしょうね。

いろんなレシピがあって、レモン汁ではなくビネガーを使っていたり、

野菜の分量なんかも随分違うようです。

野菜の味がそのまま出るスープなので、その時々で味見をしながら

好みの味に仕上げるのがいいんでしょうね。


でも、今回の ”ガスパチョ” 好評でしたよ。

Photo_5

夫のカナダ土産のハーブソルトで味付けした鶏肉のソテーと

最近お気に入りの豆のサラダとともに。

Photo_6

スパイシーでなかなかおいしいお塩でした。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

豚ヒレ肉のマリネ

パーティー料理として、豚の薄切り肉を使ったマリネは経験済みですが、

夕ご飯のメインとしてはボリューム不足かな?

ということで、豚ヒレ肉で、さっぱりでもボリュームメニューにしてみました。

Photo

水菜しか見えませんが・・・

1) 玉ねぎ、人参、パプリカ、セロリをマリネ液(砂糖、酢、醤油)につける。

2) 豚ヒレ肉を1センチ位に切り、片栗粉をつけて多めのサラダオイルで

   揚げ焼きにする。

3) 火が通った豚ヒレ肉を、油きりせずに野菜の入ったマリネ液につける。

4) 3の上に水菜をのせる。

これを、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

もちろんあんまり冷たいのがお好きでなければ常温で。

Photo

水菜の下でマリネ液に浸けておいたお肉、味もしみています。

メインが冷たい料理なので、他のメニューは

温かいもので。

Photo

ズッキーニのガーリック炒め

オリーブオイルでニンニクを炒め、そのオイルでズッキーニも炒めて

塩で味付け。

娘2号の好みは、スライスではなくみじん切りのガーリック。

Photo_5

どちらにするかはお好みでどうぞ。

後は何を作ったのか・・・記憶と記録がないもので・・・

 


 


| | コメント (10) | トラックバック (0)

夏の定番地味メニュー

決して主役にはなれないけれど、いい味を出している名脇役。

料理にもありますよね。

”好きな料理ランキング" には絶対のらないし、

へたをすると名前もなかったりして。


Photo

    なすとピーマンの味噌炒め

子供の頃は夏になるとよく食べていた気がします。

我が家では夫にも子供にもあんまり人気が無くて、

しばらく作ってなかったのですが、先日久々に作ってみました。

うん、やっぱり私は好き。味噌と鷹の爪の辛みでご飯がおいしい!

以前は喜ばなかった夫が、”僕、これ大好きだよ” と言ったときは

耳を疑いましたけどね・・・(大人の口になったのかな?)


Photo_2

     これは名前がない・・・

塩をしてしばらくおいたゴーヤを水でさっと洗い、

熱したごま油をジュッとかけて、おかかをのせる、という料理です。

塩加減が足りなければお醤油をちょっとかけても。

苦みが苦手な人は、さっと湯がいてもいいかもしれません。


Photo_3

    冬瓜のごま酢あえ 

なんだか切り干し大根の煮ものみたいに見えますが、違います!

千切りにした冬瓜を塩でもみ、水で洗ってしぼっておく。

白ごまをすって、砂糖、酢、醤油で好みの味にして冬瓜をあえる。

色が悪いので、万能ねぎでちょっと彩りをプラス。

やみつきになるような味でもないし、これといって特徴のない料理ですが、

火を使わずにできるのがいいところ。


栄養面で優れているところは〜〜〜私不勉強で・・・

でも、ゴーヤも冬瓜もいいところたくさんの夏野菜ですよね!

 

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

この夏我が家で大ヒット!

今までは、せいぜいきゅうりの千切りを加えるくらいで、

だ〜れも喜ばないメニューだった ”もずく”。

ところが今年の夏は一転、

”もずくはいつもこれにして!”

”ボウルにいっぱい作って冷蔵庫に入れておいて欲しい!”

”もっとしょっちゅう食べたい!”

と大好評メニューになりました。


私が勝手に、密かに ”師匠” と思っているTomyさんのメニューです。

私は市販のもずくに混ぜるだけ、の簡単バージョンしか作った事がないのですが・・・・・

Photo

市販のもずくにきゅうり、トマト、鰹節を混ぜ上に大葉をのせました。

写真では見えないけどちゃんともずくが入ってます。


Photo_3

こちらは、きゅうり、トマト、みょうが、鰹節です。


トマトが入ると酸味が和らぎ、その上トマトの甘みが増して

それはそれはおいしくなります。

Tomyさんありがとう!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

母娘3人の夕食

これもまた、夫出張中の女三人の日の夕食です。

Photo

夏野菜たっぷりのラタトゥイユとひよこ豆のサラダ、米粉のパンとフランスパン。

ひよこ豆をうちで使うのは初めて。

お試しメニューなのでちっちゃなドライパッックを使ってみました。

きゅうり、トマト、セロリ、アボカド、それにひよこ豆とブラックオリーブ。

みんな小さく切って、ドレッシングで和えるだけ。


いろんな食感が楽しめて、娘たちにも好評でした。

見た目もきれいだし、採用決定!

パーティーメニューにもよさそう、先に準備できるし。


朝食メニューのようですが、たっぷりのラタトゥイユをパンにのせて

食べれば満足、満足の母娘三人でした!

| | コメント (4)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »