« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

うどん対決!

ありがたいことに、日曜の昼食はだいたい夫が作ってくれます 


     午前中に夫と買い物に行って帰って来たら、
     夫は台所に立ち、
     私は買って来た物を片付ける。

そんな感じです。


どんないきさつでこうなったのかは覚えていないのですが・・・

   大方私が ”日曜くらいは楽したい” とか言ったのでしょうが・・・(*^-^)

継続は力なり、本当にその通りです。

どんどん腕を上げてます。

最近夫が作ってくれた、うどん。


K

      <カリカリお揚げと揚げ茄子のうどん>


手際も良くなって、油揚げを焼いている間に茄子を揚げ、

小ネギを切って・・・という同時進行が出来るようになりました!


夫曰く、

   料理は実験と同じだ!


段取りが重要だという事らしいです。

そうそう、油揚げの下にはツナが散らしてあります。

そして、私が作ったうどんはこちら。


Photo

           <肉味噌うどん>


前日の冷や奴に使った肉味噌をのせた、私の昼食。

ジャージャー麺のうどん版のイメージです。

ジャージャー麺のきゅうりは、

斜め切りしてからの千切りじゃなくて

この切り方がインプットされているんですよね〜なぜか。

ひとりの昼食だし、肉味噌が辛いからときゅうりを一本分のせたら

あんまり美しくないですね〜


うどん対決、味は良い勝負。

見た目は・・・・・?



| | コメント (8) | トラックバック (0)

茄子の揚げびたし大葉風味

冷蔵庫で冷たくした茄子の揚げ浸し。

つけ汁に大葉を入れて風味付け、食べるときにもまたたっぷりと。


Photo

        <茄子の揚げ浸し大葉風味>


煮た茄子よりは揚げた方が、やっぱり好き。

だからまた例の方法(塩をして10分、水洗いしてから揚げる)です。

吸った油は少なめでも、こくというか・・・満足度は

大葉を使うとさわやかさも加わって、暑い夏にぴったりです。



Photo_2

            <色々肉巻き>


えのき・アスパラ・プチトマトを豚バラ肉で巻いてフライパンで焼きます。

余分な油はしっかり拭いて(ここ重要!)

お塩で食べますが、プチトマトには乾燥バジルがよく合います。

焼き鳥屋のメニューみたい・・・・・? 実際そうですから・・・



27_3

             <肉味噌奴>


定番の冷や奴も、生姜や長ネギだけではちょっと寂しいので

辛めの肉味噌と白髪ネギをのせました。



Photo_3

           <6月27日の夕食>


去年は人生初とも言えるくらいのひどい夏バテを経験したので

今年は食事や体調管理に気をつけて、

暑い夏を乗り切らなくっちゃ



| | コメント (5) | トラックバック (0)

鯵の南蛮漬け

久々に作ってみました、鯵の南蛮漬け。


私は大好き、でも家族は・・・のメニュー。

数年間封印されていましたが、

家族の好みが変わって来ているのは数々の料理で実証済み。


Photo

           <鯵の南蛮漬け>


やっぱり〜

夫も娘2号も、”おいしいね、これ” だって。

残念ながら娘1号は、今週は仕事が忙しいらしく

夕食は家で食べられないと・・・メールが・・・

でも、1号の好みは私と似てるので好きに違いないはず

また作ってもいいかな。


Photo_2

       <もやしと牛肉のレンジ蒸し>

       <鯵の南蛮漬け>

       <五目豆>

こんな組み合わせの夕食でした。


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

茄子と油

たっぷり油を吸った茄子料理はおいしい。

Photo_5

        <揚げ茄子のザーサイソース>


我が家の夏の定番料理のひとつです。

油で揚げた茄子をさましておき、

冷蔵庫で冷やしたザーサイソースをかけます。


   <ザーサイソース>

      ザーサイ・長ネギ・生姜はすべてみじん切り
      砂糖・醤油・酢・ごま油を好みの味で。


甘酸っぱさと、生姜の辛味が暑い夏にぴったりです。

基本的に ”おいしい物をバランスよく食べるのが一番!”

と思っているので、油の事もあんまり気にはしていませんでした。


     茄子は油をたっぷり吸うもの、

     毎日食べる訳ではないし・・・ってね。


だからこの日も、茄子はたっぷり油を吸ってます。

ところがその翌日、るりパッチさんのブログで気になる記事を発見。

切った茄子に塩をして10分、さっと洗って水気を拭くだけ。

こうすると吸う油の量が激減するらしいのです。


     これならできそう、油を使わない訳じゃないから

     それなりの満足感も得られそう。

     次に作る時はこの方法で作ってみよう。


とは言え、すぐに同じ料理を作る気にもなれないので・・・


Photo_6

          <スープカレー>


よく見えないけど、レンコンとオクラの下に茄子があります。

半分に切って皮に切れ目を入れた茄子を、例の方法で

下処理して油で焼いてみました。

いつもの半分位の油で焼いてみたのですが、びっくり!

その量の油も余ってしまいました。

でもちゃんと火は通って、あのトロッとした感じも出ています。

これからは、塩をして10分のこの方法で行きます。

またまたるりパッチさんありがとう



余談ではありますが・・・

   オリーブオイルをちょっと入れて炊いたご飯にはパセリを

   トマトとタコのマリネにはバジルを

   庭から摘んできて入れてみましたのよ〜



| | コメント (11) | トラックバック (0)

にしんのオイル焼きと落差食

前々回の記事に載せた<燻製にしんのオイル焼き>


Photo_2

おつまみに便利で、ちょっとおしゃれでしょ?

作り方は実に簡単!


Photo

  1) この缶詰を買って来て、

  2) にしんをざっとほぐし、

  3) 玉ねぎスライス、ケイパー、ブラックオリーブをのせ、

  4) オーブントースターで焼く


にしんが二段に入っているのでちょっと多い感じがします。

なので私は前回使った缶をとっておいて、缶詰ひとつ分を

缶ふたつに分けて焼きました。

これくらいの方が、玉ねぎとのバランスもいいですよ。

結構味が濃いので、玉ねぎはたっぷりめがおすすめです。


そして、パリのお土産を二日続けて堪能した翌日。


Photo_3

         <鰯の梅干し煮>

         <筑前煮風煮物>

         <キャベツの塩揉み>


この食卓を見た娘2号、

”すっごい落差だね〜” と一言。

確かに・・・・・

五年前ならみんなテンション下がるところだけど 

今回は ”からだに良さそうだし結構おいしいね” 

と、夫をはじめ娘二人にも受け入れられました。



 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

パリのお土産で!夫編

今度は夫が作ってくれました。

Photo

         <チキンソテー>


味付けは、パリで買って来たハーブソルト。

ローズマリーを使いたいというので、買って来たばかりの鉢植えからちょっと。

やっぱり摘みたては香りがとってもいい。

使ったハーブソルトはこれ。


F

            <ハーブソルト>


これは普通のスーパーで買ったと夫が言っていたので

一般家庭で普通に使う調味料なんでしょうね。

Sel  ・・・・・  塩

Fou ・・・・・  狂った

という意味だから・・・クレイジーソルトってことかしら?

にんにくや玉ねぎやいろんなハーブが入っているみたいで

おいしかったです。


スープも作ってくれました。


Photo_2

          <スープ>


F_2


これを水に入れて温めるだけなんだけど・・・

お肉やパスタや豆も入っていて結構スパイシーでした。


記事を書きながらいろいろ辞書で調べてみたら・・・

なんと! ”モロッコ風スープ、マトン入り〜 ” らしい。

日本に来た旅行者が ”トムヤンクンの素” を買って帰るようなもの?

     たとえがあんまりうまくないかな・・・

でも、これだから外国のスーパーで買ったお土産はおもしろい



| | コメント (6) | トラックバック (0)

パリのお土産で!

夫がパリ〜に出張するというので、お土産を  要求 お願いしました。

 トリュフオイルとお塩、あとは何か面白い物があったら、ね 


F

      <黒トリュフオイル><白トリュフオイル>


F_2

              <お塩>


これを使って何を作ろうか・・・

なにしろ、トリュフの味も香りも知らないの・・・

簡単で安価で出来るメニューをいろいろ探し・・・

こんな夕食になりました。


Photo_2

     <セロリとじゃがいものブレイズ


ブレイズってなんなのかもよくわかりませんが・・・

オリーブオイルとお塩を振って、少量の水で煮ます。

セロリはくたくたに、新じゃがはしっとり。

新じゃがでなければホクホクになって、それもまた良さそうです。


もう一品は、


Photo_3

        <アボカドと海老のサラダ>


Photo_4


トリュフオイルをスプレーします。

         う〜ん、これがトリュフの香り・・・・・・・・?

       みんなで顔を見合わせて・・・・・・・・??

       癖になる人はなるかもね〜・・・・・???

一度ではわからないトリュフの魅力でした。


あとはお土産とは関係なく、

Photo_6

        <燻製にしんのオイル焼き>


Photo_7

            <パン>


お土産に調味料を買って来てもらうのは、なかなか面白い。

家族で何度も楽しめるし、食べながら話がはずむし。

買って来てくれる夫も、かさばらなくていいと言っています。

この他のお土産は、また次の記事で。   




               ちなみに、ランチョンマットもお土産です!

       紙ひもで出来ているので洗えないのが難点。

       こぼし魔の娘1号に使わせる時は要注意なのです。



 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

はじめのい〜っぽ!

やりたいな〜、でも続くかな〜?

やりたいな〜、でも向いてないんだよね〜!

やりたいな〜、でも挫折した経験があるし・・・

やりたいな〜、でもだめで元々だから・・・

やりたいな〜、でもうまくいったら儲け物!

やりたいな〜、やっちゃおうか〜、うん、やっちゃおう


春先からずっと考えていた自家製ハーブ作り、

思い切って始めました。

ガーデニング好きの方には、この気持ち・・・

理解されないかもしれませんが・・・


116

     <バジル>           <大葉>

挫折した時のために、株は少なめに・・・

116_2

   <セルフィーユ>         <パセリ>

料理によく使うであろう、このあたりから・・・


116_4

            <ローズマリー>

これはとりあえず、鉢のまま・・・・・

寄せ植えなんて高度な技は、まだまだ使えません。


”カモミール、どう?ハーブティーにできるし” と娘2号。

”レモングラスもいいよね” と夫。

”頑張って〜” と娘1号。

でも、誰も手を出しません。

ハーブを使った料理は食べたいけど、

失敗はすべて私の責任?


始めたばかりなのに、もう失敗を考えている後ろ向きな私。

だって、サボテンを枯らした事もあるんです、私。


自家製ハーブを使って料理できるように、

がんばってみよう・・・と・・・思います・・・




| | コメント (11) | トラックバック (0)

ボツにするのもなんなので・・・

とりあえず夕食の写真は撮っておこう、記事にするかは別にして。

そんな訳で記事にしていない写真が結構ありました。

もう6月だし、5月分はお蔵入り?

それももったいない気がして・・・


Photo

       <野菜のグリル焼き>


いろんな野菜をグリルで焼いて、オリーブオイルとお塩をかけて。

春キャベツと新玉ねぎがおいしかったなあ 


Photo_2

        <車麩の生姜焼き>
        <ピーマンとパプリカの塩昆布和え>
        <馬サラダ>


ヘルシーメニューと思って車麩を生姜焼き風にしてみたのですが

家族の評価は・・・今ひとつ・・・自己評価も・・・・・

生姜焼きはやっぱり豚肉がいいとの結論になりました。

<馬サラダ>は、キャベツの千切りにサラダオイルとお醤油をかけて

たっぷりのおかかと一緒に混ぜます。

混ぜるとかさが減って、キャベツを馬のようにたくさん食べられます。

馬がキャベツを食べるかどうかは?ですけどね。

なにしろ夫の命名なもので・・・・・


Photo_3

      <ゴーヤチャンプル>

      <揚げジャガサラダ>

      <こんにゃくとちくわのメンマ炒め>


新ジャガの季節によく作る<揚げジャガサラダ>去年の記事ですが

揚げジャガとカリフラワーの食感の違いが好きなんです。


Photo_4

        <アスパラの肉巻き>

        <玉ねぎのグリル焼き>

        <ひじき煮>


Photo_5

        <身欠きニシン>

        <ぜんまいの煮物>

        <にらトマ豆腐>

        <じゃがいもと人参の明太マヨ炒め>


ガッツリ系の方にはボリューム不足かもしれませんね。


Photo_6

         <チキンソテー>

         <カボチャのサラダ>

         <コンソメスープ>


この他にパンも食べました。

<カボチャのサラダ>にはクリームチーズとレーズン、くるみ入り。

上に軽くローストしたアーモンドを散らしてあります。


Photo_8

         <プルコギ>

         <豆苗とささ身の梅合え>

         <油揚げの長ネギおかか詰め焼き>


初豆苗料理です。

砂糖と塩で下味をつけて酒蒸しにしたささ身と

さっと茹でた豆苗を梅で合えてみました。

酸っぱすぎないように酒蒸しの残り汁で梅干しをのばして合えたら、

梅干し大好き娘2号から、”もっと酸っぱい方がいい!”コール。

娘1号と私にはちょうど良かったんですけどね〜


Photo_9

       <春巻き>

       <ごぼうサラダ>

       <長いもの梅合え>


るりパッチさんの教えの通り、初めきっちり後はふわっと

巻きました。

一口食べて違いにびっくり

皮がサクサクッ、ハラハラ〜っと(表現が難しい・・・  )

見た目が地味な食卓ですが、久々に作った春巻きが

ワンランクアップしていて、うれしかった〜

 

               こんな風にして私の5月は過ぎて行きました。



| | コメント (11) | トラックバック (0)

豚キムチ!

実家でのお留守番から帰宅すると、娘2号に言われました。


”明日の夕ご飯は、豚キムチだって〜”

  ”へ〜、もう決まってるの、誰が作ってくれるの?”って

  思いますよね〜、普通・・・


ところが、続けて娘2号、

”だから、男子ごはんの録画見ておいてってお父さんが言ってたよ”


  あ、私が作るのね。

  録画を見て予習するのね・・・了解。


こんな次第で、翌日の夕食は<男子ごはん>のメニュー。


Photo

            <豚キムチ>


器選びの失敗でしょうか・・・おいしそうに見えませんが・・・

見た目と味はまったく逆で、ご飯が進むこと、進むこと

小麦粉をまぶしてから焼いた豚肉は柔らかく、味のからみも抜群。

一緒に入れた、わけぎ・えのき・油揚げの食感の違いがまた

おいしさを引き立ててくれます。


娘1号なんか、”お弁当に入れたらおいしそ〜”って。

  ”お弁当に入れたら匂うでしょ、やめた方がいいよ”と言っても

”大丈夫、大丈夫〜”

でも、うら若き娘のお弁当からキムチの匂いがするのは・・・

私は入れません!


もう一品は、

Photo_2

             <豆乳スープ>


煮干しのだしと豆乳、つぶした絹ごし豆腐、それににらと溶き卵が

入っています。

味付けは、オイスターソースと塩、醤油。

仕上げに白ごまと黒胡椒です。

一口目は、ウンッ?という感じでしたけど

黒胡椒をたっぷり振ったらおいしかったです。


主菜とスープだけの夕食だったので、

ご飯をおかわりしてしまいました。

今度はちゃんと副菜も作らないと。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »