« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

梨のむき方

”果物の中で梨が一番好き!”と娘1号は言います。

幼い頃は、桃の季節には桃が、

さくらんぼの季節にはさくらんぼが一番でしたが,

最近は梨に落ち着いているようです。

そんな娘1号がむいた梨は、こんなです。


11m


わかりにくいかしら・・・

一番左の梨がわかりやすいかと思います。

芯の白い所を微妙に残してあるんです。


初めてこれを見た時、包丁使いが下手なせいかと思って

イエローカードを出したのですが、

”ちょっと酸っぱい所を残した方が、おいしいんだよ!” と

言われてしまいました。

食べて見ると確かに、ちょっと残った芯の酸味がいい感じです。

それ以来私も、三切れに一切れぐらいの割合で、芯の部分を

ちょっとだけ残してみたりしています。



もちろん娘1号には、

”お客様にお出しするときには、芯はきれいに取ったほうがいいよ” 

と教えておきました。

”そんなのわかってるよ!” と言われてしまいましたけどね。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

小学生からのプレゼント

くじ運の無い私にも、女神様は微笑んでくださいました。

ゆっきーさんのはっちちゃんからのプレゼント 

18

かわいい雪だるま 

ふわふわで〜す。

私が、赤いハート狙いだとコメントしたものだから・・・

18_2

こんなメッセージカード付き!

18_3

こんな可愛いラッピングまでしてくれて・・・

はっちちゃん、ありがとう

バッグに付けようかとも思いながら・・・

真っ白な雪だるまが、泥雪だるまになったらかわいそうかな〜

思案中です。


それにしても、小学生のはっちちゃんにたかる私って・・・

悪い大人でしょうか・・・?


 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

誕生日にしちゃおう!

連休中、珍しく娘達と一緒に買い物にでかけたところ、

某デパートで ”ブォーノ!イタリア” という企画をやっていました。

”おいしいものがあるかも” と覗いてみる事に。

オリーブやチーズ、生ハム・・・そして夫の好きそうなサラミを発見!

そこで気づいた事が。


9月の夫の誕生日、夫が忙しかった上みんなの予定が合わず

まだお祝いしていませんでした・・・

母娘三人で相談して、

おいしそうなものを買って、お父さんの誕生日をしよう!ということに。


10

        <ピンチョス 2種>

            アボカド・マグロ・オリーブ
            プチトマト・バジル・モッツァレラチーズ


試飲させてもらったバルサミコ酢がとってもおいしかったので

バルサミコ酢を味わうためのメニューです。


10_2

        <サラミ>
        <パルミジャーノ レッジャーノ>
        <プロシュート>


サラミは、娘達から夫への誕生日プレゼント。

サラミって、味が濃くて脂が強いイメージで・・・

あまり好きではなかったのですが

これはうまみが凝縮した感じでおいしかった〜

夫も喜んでいました。


10_3

          <オリーブ2種>
          <トマトのなんとか・・>


これも娘達からのプレゼント  というか自分たちが食べたかっただけ・・・

 

あと一品。


10_5

          <茄子のアンチョビ焼き>


雑誌に出ていたのを娘が作ってくれました。

予定外だったので残念な事になすが一本しかなくて、

みんなで2切れずつ食べました。

にんにくとアンチョビとマスタード、おいしくないはずは無く、

パーティーメニューに採用決定!


”こんな料理をササッと作れる私達って、かっこいいよね〜”と

娘達は自画自賛。

親の方も ”ほんとだね〜” と親ばかぶり。



”おうちでバル” 気分でなかなかいい夜でした。

正直、材料費は結構かかったけれど・・・

夫の誕生日パーティーだし、四人で外食するのに比べれば、ね。




| | コメント (9) | トラックバック (0)

フライドエッグ忘れました・・・

空心菜でもどきを作ったら、なかなかだったので、

今度はちゃんとバジルで作ってみました。


30

          <ガパオライス>


挽肉だと細かすぎる気がして、鶏モモを切って使いました。

プランターのバジルを惜しげも無く摘んで、

オイスターソースやナンプラー、生姜ににんにく。

ご飯も可愛く型に入れてこんもりとさせて。

最近あんまり辛いのはちょっと・・・なので、

鷹の爪は少しだけ。

辛味控え過ぎの感はありましたが、おいしくできました 

茶色の食事が続いた後だったので、カラフルな食卓に満足な私。



記事にしようと今写真を見て・・・・・

     あれ〜何か足りない・・・・・?

そう、フライドエッグ!(とはいってもレアな目玉焼きで代用なんですが・・・)

   乗っていません。

   乗っていないだけではなく、作るの忘れてました。

   したがって、食べていません。


卵が乗るはずだった所には、バジルの葉が鎮座。

食べるときに気がつかなかった位だから、それなりにおいしかったのですが、

とろけ出す卵の黄身を混ぜて食べたかったな〜と今になって・・・



| | コメント (4) | トラックバック (0)

そして翌朝

夫よりも先に寝袋に入ったけれど、翌朝は夫よりも遅い目覚め。

最近の夫は、お休みの日でもいつもの時間に目覚めるようで・・・

もう炭の用意もできていました。

テントの中はそれほどでもなかったけれど、外はやっぱり寒い!


11103


テーブルの下に炭火をおいて暖をとります。

朝食は、


11103_2


      昨日の残りのソパ デ アホ

      夫が入れてくれたコーヒー

      そして、炭火で焼いたパン


朝霧ジャンボリーオートキャンプ場は、ゴミ持ち帰りなので

極力ゴミを出さないように、作った物は食べ尽くします。

チェックアウトは16時だから時間はたっぷり。

   夫は持って来た仕事をし 無粋!

   私はスペイン語の勉強や読書 優雅〜

   座っているのに疲れたらふたりで場内の散歩

ゆっくり、ゆったりした時間が流れます。

月曜日だから、場内はがらがら。

ちょっといい場所を見つけたので、昼食はそっちで食べる事にしました。

テントをたたんで場所を移動   普通こんなことはできないと思うけど・・・

写真では平らに見えるけど、ちょっと小高くなっている場所です。

そして、夫の指差す方向に富士山が見えるはず 実際ちょっとだけ見えました!


11103_3


椅子と七輪とクーラーボックスだけ出して、昼食です。


11103_4


     ししゃも

     パン コン トマテ

     残りのトマトを焼いて・・・

     帰る直前だから、ノンアルコールビール


ゆっくり昼食を食べて、高速が混まないうちに帰途につきました。



ところで・・・・・

長年使って来た、コールマンのガソリンストーブ。


11103_5


とってもよく働いてくれていたのですが・・・

どうも、ポンピングしても圧がかからなくて・・・

今回はなんとかしのげましたが・・・

私はとっても愛着があって、部品交換すれば?と思うのですが、

夫はガスのツーバーナーに買い替えたい様子です。

まあ、ガソリン入れるのも夫、ポンピングするのも夫、

その上夫がお小遣いで新しいのを買うと言っているので・・・

私には発言権はないようです。

来年のキャンプには、新しいガスバーナーが登場するのかな〜?



 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今年も朝霧ジャンボリー!

去年の今頃行って、その広さに感激した朝霧ジャンボリーオートキャンプ場。

今年も夫とふたりで行って来ました。

土日で行くと帰りの高速が混みそうなので、

10月2日3日の日月で。

チェックイン8時なので、朝食もキャンプ場で食べる事にして

朝6時に家を出ました。


11102


何はさておき、恒例のウエルカムドリンク  ちょっとだけね。

一息ついてから、朝食の用意。

私がオリーブオイルで茄子を焼く間に、夫は炭火の用意。


11102_2


炭火て軽く焼いたパンに、オリーブオイルで焼いた茄子と

トマトをはさんで、出がけに摘んで来たバジルをのせて。

腹ごしらえをしてからテントをたてます。


11103


こんな広い場所とこの景色を独り占め 正確にはふたり占め

後はもう、のんびりと・・・


11102_3


焼きおにぎりを焼いたり、


11102_4


秋刀魚を焼いたり、


11102_5


ホタテを焼いたり。

これが、昼食かな?

夕食には、 ソパ デ アホ を作りました。


11102_6

スペイン料理で・・・

          ソパ(sopa)は、スープ。

          アホ(ajo)は、にんにくのこと。

一度食べてみたいと思いながらそのチャンスに恵まれず・・・

それならと、ネットでレシピを検索して自分で作る事にしました。

     たっぷりのニンニクと、バゲット、生ハム、パプリカ(粉の方)、卵。

     コンソメと生ハムで味付け。

バゲットがお麩のようにとろとろになって、体が温まります。

思いの外寒くてダウンを着込むほどでしたが、

このスープのおかげでポカポカでした。

そう言えば、このスープを煮込んでいる頃、西の空は・・・


11102_7


こんな夕焼けでした。

雲の多い日で、なかなか富士山が顔を見せてくれなかったのですが、

反対側を見ると・・・

林の向こうに赤く染まる富士山が!

急いでカメラを持って絶景ポイントへ走る走る 

ちょっと遅かったけど、


11102_8


かろうじて間に合いました。

東側にあるのに赤く染まる富士山、不思議でした。

でも、みるみる黒い姿になっていって・・・

もっと早く気づけばと、ちょっと残念。


いつもなら夕食後も一杯やりながら夜を過ごすのですが、

なんだかとっても眠くて・・・

夫を残して、先に寝袋へ潜り込みました・・・・・



                  翌朝の様子はまた次に・・・



| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »