« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

塩麹豚のスープ

たまに肩ロースのかたまり肉を買っても、
作るのはいつも煮豚ばかり・・・・・
たまには目先を変えてみたいと思っていたときに
目にしたのが Tomyさんのこれ です。

Tomyさんは塩豚でしたが、塩麹につけたらどうかしら?
ということで、アイディア拝借の別物料理になりました。

20

         <塩麹豚のスープ>

塩麹を塗った豚肉に、タイムとローズマリー、スライスにんにくを
のせてラップに包んで2〜3日。
ベイリーフとホールペッパーを入れて柔らかくなるまで煮ます。
 (発泡スチロールの自家製保温調理器が活躍!)
味付けは、後から少し足した塩麹とホールペッパーのみ。
それでも結構いい味になりました。

冷蔵庫に残っていたブロッコリーとプチトマト入り。
お肉の脂が思ったより少なくて少しぱさついたのが残念でした。


20

2〜3日買い物に行かずに頑張ってみようとしていたので、
全粒粉50%のパンを焼き、お鍋の残りの白菜と、
シャキシャキ感が無くなって誰も食べないりんごでサラダ。
細切りにすればりんごのくたびれ感もそこそこになって(笑)
ローストしたくるみのトッピングで目くらまし。


さらっとし過ぎに見えるけど、
夜遅くの夕食には、これくらいで十分なはず。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

おでんからカレーうどん

この冬初めておでんを作った翌日、
その残りにカレーを入れてカレースープを作った夫。
意外にも、出汁が効いた美味しい和風カレースープが
出来上がったのです。
”カレーうどんにしたら美味しいかもね” と話していました。

おでん自体そうしょっちゅう作るものではないけれど、
おでんカレーうどんを試してみたくて。
この冬二度目のおでんを作ったのでした。

そして翌日、

8

       <おでんカレーうどん> 

おでんの残りの具を少し小さく切り、人参や長ネギも足して。
大根やちくわぶもなかなかカレーに合います。

これだけでは野菜が足りないので、カボチャサラダと
小松菜の甘辛酢漬けも作りました。
小松菜の・・・には、おでんの大根の皮を使っています。



味の良くしみた翌日のおでんも好きですが、
全く姿を変えたおでんカレーうどんもなかなか。

カレーうどんのためにおでんを煮る、というのは・・・あり?

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

魚・さかな・サカナ〜

かなり古いけど・・・
今でもこの曲が聞こえてくるんです、近所のスーパー。
魚さかなサカナ〜♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪って。

以前は意識的に ”今日は魚にしよう!” って思っていたのですが、
最近は ”魚が食べたい気分!” の日が増えて来ました。
夫や私の体にはもちろん、夕食が遅くなりがちな娘達にも
いいんじゃないかな、と勝手に思っています。

せいぜい週1回だったのが、2〜3回に増えています。

16

           <鰆の塩麹蒸し>

寒い時期、せいろで蒸すと湯気までごちそう!
野菜高騰の今、下にしく野菜はもちろんもやしです。
調味料は塩麹だけで、鰆も野菜もきのこも美味しく頂けます。

15

          <ぶり大根の夕食>

甘辛い味が好きな娘1号ラブのぶり大根。
なのに・・・当人は仕事が忙しくて帰れなかった日の夕食。
翌日、もっと味のしみたぶり大根を食べたはず。

       (私が寝た後に帰宅したもので・・・

蓮根のきんぴらとの組み合わせでは地味すぎるので、
パプリカとブロッコリーとエリンギの元気カラーをプラス。

11

     <秋刀魚の酢っぱ煮の夕食>

骨まで柔らかくなっているはずが・・・・・
この日はちょっと固かった
油揚げの中身は、納豆としめじと長ネギだったかな?
温奴には、醤油麹に大葉を刻んだのを混ぜてかけてみました。

魚料理を増やしたいと思いながらも・・・
なかなかレパートリーが増えず、苦労しています。

美味しく食べて、健康に!ってなかなか厳しい道のりなのね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

豆腐ステーキ きのこの黒酢あんかけ

夫のコレステロール値のことを書いたら、aiさんからのコメントで
にんにくと黒酢を使ったタレは?との情報を頂きまして。
早速作ってみました!       

17

   <豆腐ステーキ きのこの黒酢あんかけ>

きのこをたっぷり入れて、甘酸っぱ辛いあんを作り
豆腐ステーキにかけてみました。
以前、 ”黒酢はちょっと・・・” と言っていたので
黒酢とは言わずに出したのですが、美味しいと。

若い頃は苦手だった酢の物も、最近は好きになって来たみたいだし
これからは黒酢も使って料理することにしましょう。


17_2

他には、
   ごぼうサラダ(コレステロール0のマヨネーズ使用!)
   アボカド納豆(柚子胡椒が味のアクセント!)
   わかめと長ネギのみそ汁(海藻もいいらしいので!)


超ヘルシーな食卓ですが、毎日こんな精進料理な訳ではなく、
お肉も魚も時には揚げ物も食べていますから、ご安心を(笑)


   aiさん、料理のヒントをありがとう!
   このタレは、肉にも魚にも使えそうで便利ですね。
   にんにくも大好きなので活躍しそうです。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

夫のお弁当 小さな変化

健康のために、

  あれを食べない! これを食べる!

というのにはどうも馴染めない私。
いろんなものをバランスよく食べましょうよ、でやって来ました。

が〜!!!
数年来の夫のコレステロール高値が改善されず・・・むしろ悪化・・・)
夫の希望もあり、英断を下すことになりました。

卵(鶏卵および魚卵)の摂取を控えましょう!と。


9

メインを魚(この日は鮭のオイスターソース)にしたり、

10

すき焼き風のこの日は、お豆腐ときのこを多めにしたり、

8_2

今までとあんまり変わらない日でも、
卵焼きに逃げるのは止めよう!と努力したり・・・


卵焼きは、彩りにも場所塞ぎ(失礼)にも絶大な力を発揮してくれたし、
”じゃがいもと人参の明太マヨ炒め”はお弁当の定番として
活躍してくれていたのですが・・・・・・・

少なくとも次の健康診断の結果が出るまでは、封印しましょう。
これで、いい結果が出れば嬉しいのですが・・・・・

     お正月にはちょっとだけ、数の子を食べたけど・・・



  コレステロールを下げるレシピ大募集です




| | コメント (9) | トラックバック (0)

娘1号ピザを焼く

お正月休み最後の夕食は、ピザ。
この休み中、料理づいている娘1号が焼いてくれました。

6

           <マルゲリータ>

お餅と海苔ではありません!
この後、生のバジルもちゃんとのせました。
娘1号の好みで、トマトソースたっぷり。

6_2

          <キーマカレーピザ>

冷凍庫に眠っていたキーマカレーをたっぷりのせて。
茹でたじゃがいもをスライスしてのせていました。
娘2号は、 ”コロコロの方がいいな〜、次は!”だって。

6_3

     <きのこのパテとニシン缶のピザ>

MOGさんのきのこのパテが美味しそうでまねして作ってみたのです。

6_4

ついでにポーランドから買って来たまま食べてなかった缶詰も。

6_5

結論から言うと、一緒にしない方が良かった!

せっかくのきのこの香りを、魚臭さが邪魔しちゃって・・・
”きのこのパテだけの方が良かったね” と全員一致の意見でした。


ピザは娘1号が焼いてくれたので、私はこれを。

6_6

        <ズッキーニの天ぷら>

”コツのいらない天ぷら粉”使用で  中は柔らか、外はカリッと。
思ったよりもずっと美味しく出来たので (実際お店で食べたのより美味しいと夫も・・・)
時々作ることになりそうです。

家族4人そろって焼きたてのピザを食べながら、
終わってしまうお正月休みの名残を惜しんだのでした・・・


| | コメント (7) | トラックバック (0)

娘1号コロッケを作る

おせち用の煮しめを作って気を良くした娘1号。
今度はコロッケを教えて欲しいと言います。
家族からのリクエストがあるにもかかわらず、
重い腰を上げない私への挑戦かしら? 

2_m

        <久々のコロッケ>

口で手順を言えば簡単なんだけど・・・
全部ひとりで作るには、私の助言が必要だと言われ・・・

 ・時間がかかるからまずはじゃがいもを茹でて、
 ・皮ごと茹でる方が水っぽくならないしゴミも少ないよ、
 ・玉ねぎは炒めるんだからみじん切りは適当でいいよ、
 ・玉ねぎと挽肉に塩胡椒は強めにした方が味が引き締まるよ、

手は出さずに、こんな指示を横から出す私。

 ・我が家流のコロッケのポイントはコンデンスミルク!

これが一番のポイントなのです。
まだ結婚前だから、おそらく30年近く前、ある料理番組で、

『だまされたと思ってコンデンスミルクを入れてみて!』という

料理研究家(誰だったかは・・・?)の一言にだまされてみようと。
この結果、私の母の味から私の味へとなった訳です。

そんな歴史も話しながら、娘に私の味を引き継ぎました。


同じ大きさにそろえるのは意外に難しい等と言いながらも
揚げる所まで無事クリアしました。

2

        <コロッケの日の食卓> 

2〜3年前ならコロッケだけでいっぱいだったはずの娘1号ですが
副菜もバランスよく作れるようになりました!

もっとも、娘1号の年には私は娘1号を出産していた訳で・・・
これくらいできて当然、とも思いながら・・・

ずーっと実家暮らしだと、かえって何もしなくなるのが難点。
そこを何とか脱してくれたようなのでホッとしました。


娘2号にも以前伝授しているコロッケ
これで二人の娘が私の味を引き継いでくれるでしょう、多分



| | コメント (7) | トラックバック (0)

もち・もち・うどん

おせちやピンチョスはすぐに食べきる位の量だったし、
夫がアルコールを控え目にしていたので、
私も控えめにすることにして・・・・・ 

そんな訳で、昼からでダラダラ食べ続けた
去年のお正月とは大違い。
のんびりとはしながらも、割と普通の日々でした。

とは言え、お餅を買ってあるからお昼は簡単なお餅。

2

          <三つ葉のお餅>  

これはもう我が家の大定番のお餅の食べ方。
焼いたお餅を、七味を入れたお醤油にくぐらせ三つ葉とともに
海苔で巻いて頂きます。
辛味の少ない、でも香りの良い七味が合います。
我が家は京都の七味やのが好き。


6

           <みぞれ煮風お餅>

だし醤油でちょっと濃いめにおつゆを作り、大根おろしと焼き餅。
彩りに水菜、香りにゆず。
ものすごく簡単なのに、さっぱりとおいしく出来ました。
夫と二人で、我が家の定番入りを決定しました。



お餅が続いたので次はおうどん。

3

            <牛肉うどん>

初詣に着物を着たいと言う娘の着付けに私が悪戦苦闘中、
夫がひとり台所でささっと(!)作ってくれました!!!
冷凍うどんとだし醤油があれば百人力。
三つ葉やゆずを添えるという芸の細かさも習得した模様です。



休みの長かった今年のお正月は、こんな風にゆったり過ごし、
今日から夫と娘達は職場や学校へと出かけて行きました。

     昨日の晩は、暗い気持ちだったようですけどね(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

デジャヴ

明けましておめでとうございます。
今年ものんびり更新ですが、よろしくお願い致します。

さて、我が家のお正月料理です。

1

     <かぶとサーモンのミルフィーユ仕立て>
     <卵のタプナード風>
     <くるみといちじくのカマンベールサンド>

1_2

            <煮しめ>

1_3

和洋の料理を取り分けて頂きます。

1_4

お雑煮は鶏肉、人参、小松菜、それにお餅の下に大根。


ここまで見て、既視感に襲われた方、ご心配なく。
デジャヴではありません。
去年のお正月とほとんど同じです。
この他には、数の子、なます、かまぼこ等。
家族の希望を聞いて作るとこんな所に収まります。

考えてみれば、おせち料理って毎年同じものを作るものですよね。
だからきっと、これが我が家のおせち料理なのでしょうね。


ところで今年は娘1号が煮しめを作りたいと言って、挑戦しました。

『調べればレシピはいっぱいあるよ』と言ったのですが、
『お母さんの味がおいしいからそれを教えて欲しいのに』と
嬉しいことを言ってくれるので・・・・・



途中経過を写真に写したり、ポイントをパソコンに入力したり、
伝わり方は様変わりですが・・・(笑)

母の味を覚えたいと言ってくれる娘に育ってくれて、
ちょっぴり嬉しい年末年始でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »