« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

モロッコのお土産

この春結婚した娘1号の新婚旅行先は、モロッコ!

学生時代は北米大陸&アジアをウロウロしていたので、
ヨーロッパにしたら?と言ったのですが・・・・・

”サハラ砂漠を見てみたい!” とヨーロッパを飛び越えアフリカへ。
しかも、行ったのは真夏の7月末。

大変なこともありながらも(私からは言えない・・・)

それなりに楽しんで来たようです。


砂漠に行くのがメインで、買い物も大変だったでしょうが
お願いしたお土産を届けてくれました。

Photo

              <バブーシュ>

白くてキラキラは、娘2号。
可愛いブルーのが、私用。

さすが、母と妹の好みを知っています。

ただ・・・これ・・・皮のにおいが強烈!
”持って帰るの大変だったでしょ?” とかわいそうになる位。
スーツケースに入れるときは、厳重に梱包したとか(笑)

毎日はいたら痛みそうでもったいないので・・・(貧乏性)
海外へ行くときの機内&ホテル用にすることにしました。
今の所予定は全く無いのですが・・・夫に、ちょっとだけプレッシャーを。



もうひとつは、こちら。


Photo_2

     <ジャスミンの香りのアルガンオイル入りクリーム>
     <食用のアルガンオイル>


もちろんクリームは、娘2号へ。
私には、美容用ではなく食用。

いい香りのクリームだと娘2号は大喜び。
しかも、蓋が何ともエキゾチックで。

食用のアルガンオイルは、ナッツのような香りがします。
夫は、”ごま油みたい” と言っていたけど・・・

サラダにちょこっとかけてみようかな、などと思案中です。


私がとっても興味があった料理の話、聞いてみた所・・・

毎日、昼食と夕食はタジン!(あるいはクスクス)
最初は珍しくて美味しかったけど・・・・・だったそうです。
あまりに続くので、”これは観光客用?” と聞いてみたとか。
ガイドの答えは、 ”僕らも大抵そうだよ” だったそう。

食材が変わったり、スパイスが変わったりはしたものの
連日タジンには参ってしまったようです。


そうそう、それから・・・

”砂漠に行くと人生観が変わるって言うけど、どうだった?”
との夫の質問への答えが、

”それがね〜、あ〜麦茶が飲みたいってずっと思ってた!”と娘1号。

その旦那様の答えは、
”あ〜、素麺食べたい!って思ってました” 


このふたり、仲良くやっていけそうと安心した次第です。





| | コメント (3) | トラックバック (0)

冷製パスタ 75点

まあまあ美味しいけれど・・・
というレベルをなかなか超えられない、私のパスタ。

でも作らなければ上達も無い!

そこまでの決心ではないけれど、久々に作った冷製パスタ。

13

     <冷製パスタ>


   ・オリーブオイル
   ・プチトマト
   ・モッツァレラチーズ
   ・バジル
   ・ブラックオリーブ
   ・アンチョビ
   ・白ワインビネガー         


多めのお塩でパスタを茹でて、これだけの材料を使って、

まずい訳が無い!

60点代でうろうろしていた頃に比べれば確かに上達。
でも・・・



でもやっぱり、合格点の80点には届かない、75点の出来。
ひと味足りないというか・・・味のしまりが無いというか・・・

ワインビネガーじゃなくてレモン汁を使った方がよかったかな?

味をきめる!って実はかなり難しいことなんだと、
パスタを作るたびに思うのです・・・・・


| | コメント (6) | トラックバック (0)

おばあちゃんの味 梅昆布

元々は夫のおばあちゃんの作っていたものを再現したくて、
長年試行錯誤を繰り返してきたのです。  あ、夫がね。
苦労が実り、出来上がった完成形がこれ。

これはもう、おばあちゃんの味を超えたでしょう(笑)

3

            <梅昆布>

材料

  昆布     適量
  米酢     適量
    梅干し    適量


作り方

 1) 昆布を2センチ四方位に切る。

Photo

 

 2) ひたひたになる量の米酢を加える。

Photo_2


 3) 時々上下を返しながら、2〜3日置く。
    酢が足りないようなら足しても大丈夫。

3_2

 4) 昆布が酢を吸って全体にしっとりしてきたら、
    1枚つまんで食べてみましょう。
    柔らかな昆布に驚くはず!


 5) 昆布が柔らかくなったら、梅干しをつぶしながら
    全体に混ぜて出来上がり。(最初の写真)



ポイントは次のふたつ。

 ① 昆布はケチらず、厚みのあるものを選びましょう。
    出来上がりに差が出ます。

 ② 昆布に酢を吸わせて柔らかく仕上げましょう。
    以前日本酒で試した時期もあったのですが、酢のパワーには
    遠く及びません。




昔ながらの酸っぱい梅干し好きの夫と娘2号のお気に入りの味ですが、
酸っぱいのが苦手な方は鰹節を加えても美味しいですよ。

ただ、減塩梅干しや蜂蜜入りは我が家では許されざる存在なので、
それらの梅干しでの出来映えは保証しかねます、悪しからず。






| | コメント (5) | トラックバック (0)

レモンチキンソテー

暑い夏、さっぱりした物が欲しいけどしっかり栄養もとらないと。
そんな日にぴったりなメニュー・・・だと思う・・・

14

           <レモンチキンソテー> 

材料(3〜4人)

  鶏もも肉     2枚
  白ワイン     50〜100ml
  大根       10センチ位
  人参       中1本
  レモン      1個
  塩胡椒      適量
  サラダ油     適量


作り方

 1) 鶏もも肉は1枚を4〜5切れに切り分け塩胡椒して
    薄力粉を薄くつけて皮目からフライパンで焼く。
    薄くやき色がついたら裏返し、薄く焼き色をつける。

 2) 裏にも薄い焼き色がついたら白ワインを加え、蓋をして
    蒸し焼きにして火を通す。

 3) おろした大根と人参を加えさっと温める。

 4) レモン汁1個分を加えて、足りなければ塩をして味を整える。




綺麗な色に魅かれてメイヤーレモンなるもので作ったのですが、
酸味がマイルド過ぎたようです。
もちろんお好みですが、普通のレモンで作る方がより酸味があって
良かったかな、というのが私の感想。
家族の反応は、これはこれでいいんじゃない?という物でした。


14_2

冷たく冷やしたビシソワーズと、
レタス・レッドオニオン・プチトマト・ゆで卵・ブラックオリーブと
色々入れたサラダ、それからくるみとレーズン入りのパン、
そんな組み合わせの夕食でした。


 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

小耳に挟んだレシピで 

電車の中で聞こえてきたおばさまふたりの会話。
なんだかとっても簡単で美味しそうなのです。


<鰯缶のチーズ焼き> by 電車の中のおばさま

 1) 缶詰の鰯と、スライスしたズッキーニとトマトをグラタン皿に
    順番に並べるのよ。
    鰯の缶詰って味がついているから便利なのよ〜。

28

      おばさまのご指示通りに再現するとこんな感じかしら。
      何味の鰯缶を使うかの指定は無かったのですが・・・
      トマトを使うからということで、 ”鰯のトマト煮” 缶を使いました。


 

 2) 並べたら上にチーズとパン粉をかけて後はオーブンで
    焼くだけなの。
    鰯缶の味とチーズの塩気だけで十分、他の味付けは
    いらないわよ。 
    だから簡単、失敗無しなのよ〜



28_2

     そして出来上がったのがこちら。
     本当に簡単で、失敗無し。

     電車の中でたまたま隣り合わせたおばさまに感謝






無謀にもこんなこと始めてみました↓

| | コメント (6) | トラックバック (0)

自家製野菜祭③ ローズマリーキャベツ

植物を枯らす名人の私ですが、
地植えにしたローズマリーは何の手入れもしていないのに
ワサワサと増えてくれています。

(ちなみに鉢植えのローズマリーは枯れました・・・)


自家製野菜祭と言いながら、自家製なのはローズマリーの方で
キャベツは買いました

Mogさんのレシピから頂きました。
ベーコンは最近あんまり食べないので、ハムで代用。

25

オーブンを開けると、ローズマリーの香りがふわっと広がります。

ローズマリーって香り付けのイメージが強くて、今まであんまり
口にしたことは無かったのですが、食べてもなかなか。

娘2号も気に入ったようです。
夫は、香りだけで十分、口に入れるのは極少量でいいと
言っていました。

食べるか避けるかは、お好み次第でどうぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自家製野菜祭② 目鯛のソテー

スープからすっかり間が空いてしまいました・・・・・

自家製のプチトマトとバジルを使いたくて考えたメニューです。

25_2

     <目鯛のソテー トマトバジルソース>

作り方

  1) 目鯛(白身魚なら何でも)は皮に切れ目を入れて、塩をふる。
  
  2) フライパンにオリーブオイルを入れ、目鯛を皮目から焼く。
     反らないようにフライ返し等で押さえる。

  3) 別のフライパンにオリーブオイルを入れプチトマトを炒め、
     塩少々(!)
     火を止めてからちぎったバジルを入れて混ぜる。

  4) お皿に目鯛を盛りつけ3)のソースをかける。



プチトマトとバジルのソースが先で、それに合わせるなら魚かと。
家族の評価もなかなか良かったです。

特に娘2号は、作り置いた物をひとりで遅くに食べたのですが、
翌日わざわざ ”昨日の魚の料理美味しかった〜” と。
こういう反応は、作り手には嬉しいですよね。


ひとつ反省点。
魚の塩をきつめにしちゃって・・・ソースにも塩を入れたから・・・
全体にちょっと塩辛い仕上がりになったのが残念。
ソースには塩を入れないで、トマトとバジルだけでも良かったのかも。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »