« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

スイッチ ON でカブのスープ

旅行に行っていた訳でもなく、
突発的な出来事があった訳でもなく、

何となくスイッチが入らない日々が続いていた訳で・・・

ようやくスイッチが入って作ったカブのスープが、
結構美味しくて、夫からも高評価。

19

          <カブのスープ>

新鮮で、つやつやのカブを買うことが出来たので、
夫が好きなスープにしてみました。

*材料*

   カブ      大2個(皮を剥いて正味250gほど)
   玉ねぎ    1/2
   バター     20g
   水       200ml
   牛乳      200ml
   野菜ブイヨン 1個
   生クリーム  お好みで(100ml程度)

*作り方* 

  1) 薄切りした玉ねぎをバターで炒め、しんなりしたら
     薄切りのカブも加えて良く炒める。
     焦がさないように気をつけて。

  2) 水と野菜ブイヨンを加えて、柔らかくなるまで煮る。

  3) ブレンダーで滑らかにして、牛乳を加える。

  4) お好みで生クリーム、塩を加えて味を調整。

器に入れてから、オリーブオイルでちょっと遊んでみました。
ついでにブラックペッパーをと思ったら・・・・・

Img_217  

真ん中に寄せたかったのに・・・失敗。
まあ、味は同じですけど。

19_2

今回、ヤリイカのトマト煮にはじゃがいもを入れず、
付け合わせにしました。


と言うのも、なかなかうまく育たずに苦労していたディルが
地植えにしたら元気に育ってくれて。
野菜ブイヨンで柔らかく煮たじゃがいもにたっぷりのせて
食べたかったのです! 
ディルソースとも思ったのですが、まずはそのままで。


ポーランドで食べたディルのせじゃがいもを思い出しながら、
自己満足度がかなり高い夕食でした(笑)


スイッチが入らなかった日々の食卓も、追々sweat01





| | コメント (4) | トラックバック (0)

私の朝

5時25分  一回目(!)のアラームsign01
        あと3分二度寝が出来ることを感謝しつつ
        寝返りをうつ。
        この3分間は、たとえようもない幸せな時間。

5時28分  二回目のアラームsign03
        まだ布団からは出ない!
        2分間で、今日のお弁当の段取りを確認。

5時30分  三回目のアラームbomb
        ”ゆっくりしていって” という布団の誘惑をふりきり
        なんとか起き出す。


たった5分の間に、これだけのドラマがあるのです。
しかも毎日。

3分間の二度寝は30分にも感じます。

スヌーズ機能なんて使いません。
解除してしまう自信があるから。


以前は30分位かけてこの作業をしていたのですが、
決して二度寝ができない夫からの大ブーイングがあって
今の5分間に落ち着きました。

更に2分間のイメージトレーニングが大切な時間。
三度寝をしてこの時間が取れないと・・・
お弁当作りの段取りがメチャクチャ!
時間はかかるわ、予定のおかずを入れ忘れるわ、
確実に3倍は疲れます。


毎日私がこれだけの思いをして起き出していくと、
最近朝が早い夫は既に自分で簡単な朝食をとっています。
(トーストとかシリアルですけど・・・)


ここで、”申し訳ない”という気持ちを持つと
今の平穏な朝の時間が崩れるので・・・
”おはようheart” と爽やかに一言、お弁当作りに入る私です。


この境地にたどり着くまでには長い年月が必要です。
まだ結婚生活の浅い方には決しておすすめしません。
自分の道は自分で切り開きましょう!



| | コメント (7) | トラックバック (0)

塩麹豚のスープ

急に寒くなってきて、煮込み料理が恋しい季節ですね。

7

        <塩麹豚のスープ>

*材料*

   豚肩ロース・ブロッコリー・カリフラワー・プチトマト
   ローズマリー・タイム・にんにく・塩麹・ベイリーフ
   粒こしょう・野菜ブイヨン

*作り方*

  1)  豚肩ロースに塩麹を塗り、ローズマリー・タイム
     にんにくと一緒にラップで巻いて2〜3日冷蔵庫で保存。

4
       (こんな感じです)

  2) ハーブと塩麹を拭い取り、5センチ角に切る。

  3)  鍋に肉・水・ベイリーフ・粒こしょうを入れ、
     灰汁をとりながら煮る。

出来れば、一度煮汁ごと冷まし、脂を固まらせて取り除く。

  4) 野菜ブイヨンと塩で味を整え、柔らかくなるまで
     弱火でことことと煮る。

私は、発泡スチロールの保温箱に入れて光熱費をセーブします。

  5) 食べる直前に、プチトマト・別茹でしたブロッコリーと
     カリフラワーを入れて温め、器に盛る。



お肉はスプーンで崩れるほどの柔らかさ、溶け出した脂を
除いてあるのでスープも意外にさらっとしています。

でも、最初から脂身の少ないお肉で作るとどうしても
パサパサな感じになってしまいます。
ある程度の脂のあるお肉で、溶け出した脂は取り除く、
手間はかかるけどこの方法がやっぱり一番。



実はこのスープ、娘2号からのリクエストがあって
久々に作ったのに・・・・・
仕事で帰りが遅くて夕食は済ませてきたらしく・・・
翌朝温めて食べるかと思いきや、時間がない。
夕食もまたいらない・・・・・

そんなこんなで娘2号の口には入らずじまいなのでしたweep





    

| | コメント (7) | トラックバック (0)

洋風おじや by 夫

久々の夫の手料理です。

お休みの日の昼食は夫の当番と私が勝手に決めていて(笑)
なのに、最近私が作ることがあったりして・・・・・
”変じゃない?”と直訴した所、これを作ってくれました。

4

        <洋風おじや>

キャンプで雨に降られた日、テントにいても風が強くて
料理が出来そうも無いからとファミレスで食べたおじや。
それを再現したいと作ってくれました。

”コンソメよりも優しい味だったよね” とマギーの野菜ブイヨンを
勧めました(助言というか、口だけ出す・・・)
あとは冷蔵庫にある野菜を入れてましたね。


*材料*(おそらく)
   
   玉ねぎ・人参・水菜・ピーマン・ニラ・しめじ・プチトマト
   冷凍ご飯
   マギー野菜ブイヨン


*作り方*(おそらく)

  1) 薄切りの玉ねぎと千切りの人参・ピーマンを
     オリーブオイルで炒める。

  2) 水を600mlとブイヨンキューブ2個を入れて溶かす。
     (箱を見ながら計量カップを使っていたから・・・おそらく)

  3) 解凍したご飯を入れて最後に水菜・しめじ・ニラ・
     プチトマトを入れ温める。

     塩昆布も入っていたような気が・・・

  4) 器に盛ってから、オリーブオイルとごまを入れる。



手順を見張っていた訳ではないので定かではありませんが
おそらくこんな感じで作ってくれたと思われます。


今写真を見て驚いたこと。
玉ねぎの薄切りと人参の千切りが出来るようになっている!

以前は、千切りや薄切りの時には呼ばれて手伝っていたのですが
今回はお呼びがかかりませんでした。
人間いくつになっても進歩するものですね。

   なんて偉そうに言っていると自分に降り掛かりそうでちょっと怖い


優しい味で、温まって、これからの季節良さそうですよ。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »