« 2014年5月 | トップページ

2014年8月

母娘ふたりでホーチミン 美味しいもの②

娘の知人のベトナム人が教えてくれたもうひとつのレストラン。
こちらはフォーの専門店でかなりローカルな感じのお店です。

<Pho  Hung>

Photo

何が凄いって、テーブルの上の香草山盛りの大皿。

隣りで食べている常連ぽい人の食べ方を見ていると、
大皿から取った好みの香草をちぎってフォーに入れています。

香草好きの娘1号も私もまねしてたっぷり。
特に気に入ったのが、写真一番手前の葉っぱです。
”のこぎりコリアンダー” と言うらしいのですが・・・
見かけは全然違うけど、香りは ”コリアンダー” です!
千切っては入れ千切っては入れを何度繰り返したことか。

Photo_2

このライムの量にも感激!
たっぷり絞って頂きました。

肝心のフォーの写真が無くて・・・・・
何をやっていたんでしょう〜?

このお店では、ふたりとも牛肉のフォーだったはず。
牛肉も柔らかくて、スープの味も優しく美味しくて、
感激しながら食べていて写真を忘れてしまったようです。


お店の中はこんな感じです。

Pho_hung

ほら、香草の量が凄いでしょ?

それから・・・相席は当然!というテーブル配置です。
地元の人は、

   サッと来て、ガッと食べて、スッと帰って行きました。

日本のラーメン屋さんみたいな感じかな?


| | コメント (4) | トラックバック (0)

母娘ふたりでホーチミン 美味しいもの①

食事は旅行の楽しみのひとつ。
食事の回数が限られているから慎重に選びたい所ですが、
失敗もまた楽し!の精神で行きましょう。

今回はありがたいことに、娘1号が知り合いのベトナム人に
おすすめのレストランを聞いてくれていたのです。

138

           <NGO 138

統一会堂前の “Nam Ky Khoi Nghia通り” に面しています。
観光客も多いけど、結構現地の人もいました。
オープンエアで冷房は入っていなかったものの、
ミストと扇風機の風がかえって心地よかったです。

138_2

沢山歩いた後だったのでまずはアイスティーでのどを潤し、
やっぱりベトナムに来たからにはフォーを食べなきゃ。

私は鶏肉、娘1号は牛肉のフォー。
香草たっぷり、ライムもぎゅっと絞って、美味しかった!

138_3

食後に娘1号は   <チェーなんとか(?)>
豆やなんだかよくわからないけど美味しい物が沢山入っていました。

138_4

私は、    <トマトシントー>

一応別々の物を頼みましたが、交換するのが前提なので(笑)、
フォー・ボー、フォー・ガー、チェー、シントーすべて味わうことが
出来てふたりとも満足。あ、アイスティーもね。

これだけ食べて、ふたり分で、1200円弱。

観光客相手で決して安いお店ではないのでしょうが、
日本人にはかなり安く感じるお値段です。


全部美味しかったけど、特に気に入ったのが<トマトシントー>
甘さ控えめで、さっぱりしていて。
帰ったら作ってみようと思う美味しさでした。









| | コメント (5) | トラックバック (0)

母娘ふたりでホーチミン 町歩き

ベトナムと言ったらこれですよね。

Photo_4

       <攻めて来るバイク!>

素人写真だと伝わりにくいけど、
実際の印象はこの数倍の迫力なんです。

始めは怖くてなかなか足が踏み出せなくて、
大縄跳びに入れない子供のようでした。

現地の人のタイミングに合わせて渡っているうちに
なんとかコツをつかむことができましたけどね。

要は、決して走らず同じペースで歩くこと!

とはいえ、現地の人のお世話になることもあったのです。

  ”早く、今だよ!” と言う感じで押し出してくれた(!)おばあさん。
  ”僕たちと一緒にどうぞ!” と誘ってくれた若者。
  ”護衛致します!” と誘導してくれた制服姿の男性。

お世話になりました。


Photo_5

綺麗なピンクの外壁の建物は、<中央郵便局>

Photo_6

中はアーチの天井が素敵。
郵便局とは言っても、観光客がいっぱい。
だからお土産物屋さんも入っています。

Photo_7

郵便局の隣りは<聖母マリア教会>

Photo_8

ちなみにこれは、教会の紙細工が飛び出すカード。
とっても繊細です。

Photo_9

こちらは<市民劇場>
ホテルの近くだったので何度となく前を通ったけど、
帰国日の朝はなんだか様子が違う。
運転手付きの高級車から、要人ぽい人が次々中に入って行きます。

Photo_10

昨日まで工事中みたいだった前の通りも、
花で飾られ、何やら展示物もあります。

結局詳しいことはわからず終いなんですが、
戦争傷病者記念日(?) or 労働組合っぽい団体の式典かと・・・


Photo_11

     <ホテル コンチネンタル>

私達が泊まったホテルのすぐ近く、市民劇場の隣りです。
さすが由緒あるホテルは違う、という感じの佇まいです。
旅の思い出にお茶だけでも、と最終日の朝に行ってみたら
ゆったりとしたいい雰囲気のカフェでした。


溢れるバイク、歩道にプラ椅子を置いてフォーを食べる人、
飲み残しのジュースやゴミを道に捨てる人・・・・・
そんな生活感溢れる庶民の生活のすぐ隣りには、
立派なショッピングモールに高級ブランドショップ。

エネルギッシュな街です、ホーチミン。


   それからひとつ私が感じたこと。

   お店の格が上がるにつれてスタッフの英語が綺麗になる!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

母娘ふたりでホーチミン

Photo_3

娘1号に誘われて、行ってきましたホーチミン。
思ったほどに写真を撮ってなくて・・・
伝わるかな〜?

<日程>

 7月22日  深夜羽田発
 7月23日  早朝ホーチミン着
 7月26日  午後ホーチミン発
 7月26日  夜羽田着

羽田発着は本当にありがたい。
深夜便だったので、夕食もお風呂も済ませてから行けます。
スッピンで羽田に行ったら、娘1号もスッピン(笑)

深夜便だからなのか、連休明けだからなのか、
飛行機は空席だらけ。

”こちらの席もお使いになってかまいません”
というCAさんの言葉をありがたく受けて、横になって寝ました。
なにしろ、早朝ホーチミンに着いてもチェックインは午後なので
ゆっくり寝ておかないと身体が持ちません。


こんな感じで映画も見ずに就寝。
朝になったら、そこはホーチミン!



| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ