スペイン語

実は・・・・・

気がつけば一ヶ月以上のブログ放置。
その訳は・・・・・

二年間通ったスペイン語の学校をやめて一年半。
細々と、テレビやラジオで自宅学習をしていたのですが・・・
芽吹きの春を迎えた頃、

   やっぱりきちんと習いたい!
   相手がいる状態で、会話がしたい!

と、私の習いたい病が発症してしまったのです。

ふと目にした公報にあるじゃありませんか!スペイン語教室!
公的機関の教室だから授業料も安いし私にぴったり。

早速申し込み → まさかの抽選漏れ。

でも、一度芽生えた習いたい病は収まらず別の情報を探して、
見つけました、半公的(反抗的じゃないよ!)教室。
継続中のクラスの新規募集みたいです。

”残席わずか”だったので見学や体験もせずに即申し込み。
これが間違いだと知るのは、初回レッスンのとき。

   え?難しい・・・
   でも、予習をしっかりして行けばなんとかなるかな〜

こんな感じで、ブログどころではなくスペイン語の勉強!

冗談抜きで、涙がでそうな日々でした。
授業がわからなくて泣きそうになったのは、高校の数学以来。
必死に予習して、なんとか授業について行ったのですが・・・
GWを前に思ったのです。

   このままでは私、スペイン語が嫌いになりそう。

これでは本末転倒なので気持ちを切り替えて、
自分のレベルに合った講座を探しました。
今度はちゃんと体験レッスンも受けて。
それが先週のこと。
今度は頑張ればやって行けそうなレベル。
楽しく勉強出来そうです。


ブログを書く精神的な余裕もできました(笑)
料理の写真もあんまり撮ってないのですが、
ゆるゆると再開宣言です!

   Wさ〜ん、こんな訳なのです。またよろしくね〜 happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

買っちゃった〜

辞書は紙じゃなきゃ!

家で一人だけ、なぜか、かたくなにアナログ路線を行っていた私。


スペイン語を始める時も、立派な紙の辞書を買ったのでした。

学生に戻ったような気分で、辞書をめくっていたのですが・・・・・

時間というのは正直です。

   まず、重いsign01

高校時代なんか、英和に和英・もしかしたら古語辞典まで持っていたのに。

家で使うときは問題ないのですが、図書館で勉強しようなんて時には・・・

テキストやノートの他に辞書を持つと、それはそれは重たいのです。

(スーパーで買う食材の重さには慣れているのにね・・・)


そして、さらに深刻な問題は・・・・・

   文字が小さすぎて見えないsign03

遠近両用眼鏡でも、辞書の細かい文字はきつい・・・bearing


という訳で、ついにデビューしました、電子辞書。

Photo

いろいろ便利な機能もあるようですが、

それは追々。

とにかく、軽い!文字が大きい!を

満喫しますsign03



| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペイン語を話してみた!

先日家の近所を歩いていると・・・・・

校外学習中のような子供たちの集団に遭遇。


しかも、日本人ではなく、南米系な感じ。

話している言葉もなんかスペイン語のような・・・・・


試しに ”オラ!”と声をかけると、ニコニコしながら ”オラ!”と返してくれる。



無謀にも私、

”元気?” とか ”どこから来たの?” とか知っているスペイン語を駆使して聞くと

”元気だよ!僕はメキシコ。” ”僕はペルー” とか答えてくれます。


私のスペイン語は、これ以上の会話を続けるほど上達していないので crying

  ”私は日本人で、横浜に住んでいます。” とか

  ”料理を作るのが好きです。”とか

  ”メキシコやペルーに行ってみたいです。”とか

とにかく話せるだけ話してみました。

みんなニコニコ聞いてくれて、

  ”日本、好きだよ!”と言ってくれました happy01



これ以上は話も続かず・・・というか、彼らも私のスペイン語能力の限界を知り、

  ”アディオ〜ス!”

とお互い手を振りながら別れたのでした。



以上、ある日の明け方に見た私の  のお話でした〜 結構リアルだったのよ〜



| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペイン語入門コース開始!

スペイン語トライアルコース終了後約1ヶ月たって、

ようやく次のクラス ”入門コース” が始まりました!

やっと、入門コース・・・(;д;) の感はありますが・・・

まだまだあいさつ程度しかできないのですから、仕方ありません。


男性ふたり、女性三人のクラス、語学を学ぶには最適人数ですよね。

間違いなく私が最年長ですが、まったく気になりません!


”何かを学ぼうとする時、障害になるのは年齢ではない!” むしろ

”年齢を口実に自己評価を低く設定することこそが問題だ” と最近感じます。

他人と比べるのではなく、自分の設定した目標にどれだけ近づくかが

重要だと感じる今日この頃です。


”一年後の自分shine” を想像しながら、

”スペインのどこかの町で現地の人と話をしている自分shine” を想像しながら

一年間続けて行きたいと思います。



なんだか固〜い決意表明になってしまいましたが、

こうやってブログに書くことが自分を追い込む事になって、

良い結果を生んでくれそうな気がするんです (^-^;



| | コメント (8) | トラックバック (0)

トライアルコース終了

7月24日から始まったスペイン語トライアルコース全9回が終了しました。

キャンプに行っていた時を除いて8回のレッスンを受講しました。


独学(!なんて言うにははずかしいけど・・・)では得られない利点は、

 ・ 実際にスペイン語を口に出して話す機会が多いところ

 ・ 相手がいて実際に対話の練習ができるところ

 ・ 分からないところを質問すれば先生に解説してもらえるところ

です。


トライアルコースということで詳しい文法は抜きで、挨拶・観光・買い物などに

役立つ会話を学ぶという感じでしたけど。


ここで終わるのはもったいない、と言うか物足りない!

今のままではスペインに行っても会話をするには絶対無理がある!

ということで、大枚はたいてレギュラーコースを申し込みました。

やっと入門コースです。


ず〜っと習い続けるには資金がいるけど、そんなことをしていたら

旅行資金がたまらないし・・・・・


悩むところですが、スペイン語を習うだけでなくスペイン語の勉強の仕方を学ぶ

という気持ちでのぞみたいと思っています。


次のクラスが始まるのは11月なので、1ヶ月開いてしまいます。

せっかく覚えたことを忘れないように、高まった気持ちを持続させるように

1ヶ月間を過ごしたいと思っています。


 


  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スペイン語を学ぶ!

メキシコのティファナ

スペインのバルセロナ


片言以前のスペイン語でも通じた嬉しさが忘れられず・・・

地味〜に独学してました、スペイン語。

いつかまたスペインに行きたい!と、そしてその時は

スペイン語で会話がしたい!と思って。

今年の目標のひとつでもあったんです。

ただ最近、独学の限界・・なんておおげさですが(*^-^)・・ というか、

相手がいない寂しさを感じ始めていました。


そんな訳で、思い切って全9回の入門コースを受講することにしました!

1回目のレッスンを受けてみて、とっても楽しかった〜!

内容は、もう既に頭では分かっている挨拶とかバルでの簡単な注文。

でも、実際に相手がいて声を出してみると、なかなかすらすらとは

いかないもので。

それがまた新鮮で楽しかったhappy01

とりあえずは、9回のレッスンを頑張って受けてみて

次のコースに進むか、独学に戻るか・・・考える事にします。

| | コメント (10)

ティファナでスペイン語

ティファナは、メインストリートのレボルシオン通りなら
ほぼ英語が通じるみたい。
でも、挨拶ぐらいはスペイン語を使ってみたいですよね。

大学の第二外国語でスペイン語を履修した娘1号に教わりました。

”Hola!"                      オラ           こんにちは。
"Que  tal?"        ケ タル?         ご機嫌いかが?
”Muy  bien."       ムイ ビエン       元気です。
”Gracias."         グラシアス        ありがとう。
”Soy  de  Japon."    ソイ デ ハポン     私は日本人です。

この程度でも、まったく知らないよりはまし。
現地の人とのコミュニケーションにも、ちょっとプラス。

 

では、実際に使ってみましょう。

”Hola!"        実に便利。お店に入るときなど。
           無言で入るより、大きい声で ”オラ” と一言。
           相手の笑顔に差が出ます。

"Que tal?"     初めてふれたスペイン語がこれ。
           メキシコ国境へ向かう長い通路を歩いているときに、
           メキシコ人のおじさんに追い抜きざまにかけられた一言。
           すぐには気づかずに、5メートル位離れてから、
           ”あ、あ、 ムイ  ビエン!”
           おじさんは、笑顔で振り返ってくれました。

"Gracias"      買い物をしたり、頼んだ料理がきたときに。
           言われて、嫌な人はいないはず。

”Soy de japon."  絶対に使うことはないと思っていた一言。
           だって、どんなシチュエーションが思い浮かびます?
           ところが、意外にも使ったんです、私。

           町ではいろいろ声をかけられるんです。
           ”見るだけただ!”とか ”アメ横より安い”とか。
           なかには、日本人と中国人の区別がつかない人が、
           ”ニイ ハオ”と。
           そこですかさず、この言葉を使いました。

”Un  zumo  de  naranja."   ウン  スモ  デ  ナランハ
                 オレンジジュース一杯、という意味。
                 レボルシオン通りのお店でも、人によっては
                 英語が苦手な人がいます。通りに面した
                 ケンタッキーで一息と言うときに役立ちました。
                 コーヒーは通じたのに、コーラとか7UPとか、
                 冷たいものが通じない。そこで、娘1号が思い
                 出したのが、この一言。教科書にあった言葉の
                 丸暗記が役立った一瞬でした。

  たったこれだけでも、通じた喜びは大きいもの。
  少しずつですけど、スペイン語を覚えようと誓った私です(o^-^o)

 

| | コメント (0)