スペイン料理

残念なパエジャ

週末雪に閉ざされた日に作ったパエジャ。

金曜夜の閉店間際のスーパーには、
生鮮食品がほとんど残っておらず・・・・・
材料の調達に失敗したので冷凍のシーフードミックスと
半分残っていたパプリカとアスパラで作ったのですが。

9

パエジャ鍋にへばりつくあさり、
探しても見つからないくらい小さい海老、
わずかにその存在を確認出来たのは、いかのみ。

インスタントとはいえ魚のスープを使い、
サフランも奮発したのに・・・この有様です。
味は良かったんですけどね〜

もともと、それほどパエジャが好きという訳じゃないけど、
それにしても残念な出来映えです。

今度はちゃんと材料を揃えて!とリベンジを誓った私です。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

Sopa de lentejas : レンズ豆のスープ

NHKのラジオ講座(スペイン語)を一時期聞いていたことがあって、
その中に、

   おじいさん  : 今日のお昼ご飯は何だい?
   おばあさん : レンズ豆のスープですよ。

という会話がありました。
sopa de lentejas (レンズ豆のスープ)というのが何故か耳に残り、

”いつか、スペインでレンズ豆を買ってスープを作ろう!”と

思っていたのです。  日本にも売っているけど・・・sweat01


24


   <バルセロナのスーパーで買ったレンズ豆>

せっかくならみんな揃っての夕食に、と思っていたのがあだになり
なかなか作る機会に恵まれませんでした。

まあ、それほどの料理ではないし、いつになったら全員揃うか
わからないし・・・という訳で、やっと作りました。


24_2

     <念願の(!) Sopa de lentejas>

生ハムもチョリソーも無いので、ウインナーをよく焼いてから
入れてみました。野菜は、玉ねぎ・人参・セロリ。
それから水煮のトマトを切らしていたので、トマトペーストを。
豆なので(笑)、これと言った主張をする訳でもなく、
きっとそれぞれの家庭の味があるんだろうな〜という感じ。

でも、水に漬けておく必要が無いというのはとっても便利。
思いたったらすぐ作れるというのはいいですね。
バルセロナから買って来たレシピ本に、他の料理も載っていたので
いつか(翻訳が出来ないと・・・)それにも挑戦したいな。


24_3

     ・レンズ豆のスープ 
     ・揚げ新じゃがとブロッコリー、カリフラワーのサラダ    
     ・塩麹チキンソテー パプリカ添え
      ・パン

こんな組み合わせの夕食でした。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

お客様

暖かな日曜日、久しぶりにお客様をお迎えしました。

私が3月まで一緒に仕事をしていたパート仲間です。

Sちゃん、Nさん、Mさんの三人の予定だったのに・・・

残念ながら、Sちゃんは発熱でキャンセル。

一番楽しみにしていたのにね。


13

     <ピンチョス2種>

       ・プチトマト、バジル、モッツァレラチーズ、オリーブ

       ・洋梨、生ハム

     <カボチャのサラダ>

       ・クリームチーズ、くるみ、レーズン、アーモンドスライス入り


13_2

     <トルティージャ デ パタタス>

        ・じゃがいもとタマネギ入りのスペイン風オムレツ

        ちょっと失敗?見かけが今ひとつです・・・


13_3

     <簡単ピクルス>

        ・セロリ、パプリカ

        すし酢(!)ににんにく、鷹の爪、ベイリーフを入れて

        セロリとパプリカを漬けるだけのなんちゃってですが

        Mさんから ”おいしい!” いただきました(*^.^*)


13_4

     <塩豚のローストポーク>

      以前作ったあれですが、写真写りが今ひとつです weep


あとは、ドライフルーツ(イチジク、マンゴー)を出したかな〜?

食べるよりも、おしゃべりがメインのマダムランチなので・・・

実際、二人ともアルコールはあんまり・・・な人なので、

私一人でワインを飲んでました、エヘッ (*^.^*)


久しぶりにいっぱいしゃべって、楽しかった happy01

今度は、Sちゃんも一緒に、また集まりたいなsign03




| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年も朝霧ジャンボリー!

去年の今頃行って、その広さに感激した朝霧ジャンボリーオートキャンプ場。

今年も夫とふたりで行って来ました。

土日で行くと帰りの高速が混みそうなので、

10月2日3日の日月で。

チェックイン8時なので、朝食もキャンプ場で食べる事にして

朝6時に家を出ました。


11102


何はさておき、恒例のウエルカムドリンク wine ちょっとだけね。

一息ついてから、朝食の用意。

私がオリーブオイルで茄子を焼く間に、夫は炭火の用意。


11102_2


炭火て軽く焼いたパンに、オリーブオイルで焼いた茄子と

トマトをはさんで、出がけに摘んで来たバジルをのせて。

腹ごしらえをしてからテントをたてます。


11103


こんな広い場所とこの景色を独り占め 正確にはふたり占め

後はもう、のんびりと・・・


11102_3


焼きおにぎりを焼いたり、


11102_4


秋刀魚を焼いたり、


11102_5


ホタテを焼いたり。

これが、昼食かな?

夕食には、 ソパ デ アホ を作りました。


11102_6

スペイン料理で・・・

          ソパ(sopa)は、スープ。

          アホ(ajo)は、にんにくのこと。

一度食べてみたいと思いながらそのチャンスに恵まれず・・・

それならと、ネットでレシピを検索して自分で作る事にしました。

     たっぷりのニンニクと、バゲット、生ハム、パプリカ(粉の方)、卵。

     コンソメと生ハムで味付け。

バゲットがお麩のようにとろとろになって、体が温まります。

思いの外寒くてダウンを着込むほどでしたが、

このスープのおかげでポカポカでした。

そう言えば、このスープを煮込んでいる頃、西の空は・・・


11102_7


こんな夕焼けでした。

雲の多い日で、なかなか富士山が顔を見せてくれなかったのですが、

反対側を見ると・・・

林の向こうに赤く染まる富士山が!

急いでカメラを持って絶景ポイントへ走る走る run

ちょっと遅かったけど、


11102_8


かろうじて間に合いました。

東側にあるのに赤く染まる富士山、不思議でした。

でも、みるみる黒い姿になっていって・・・

もっと早く気づけばと、ちょっと残念。


いつもなら夕食後も一杯やりながら夜を過ごすのですが、

なんだかとっても眠くて・・・

夫を残して、先に寝袋へ潜り込みました・・・・・sleepy



                  翌朝の様子はまた次に・・・



| | コメント (7) | トラックバック (0)

そろそろお開き・・・

予定していたお料理は全部出したし・・・

家が遠い人はそろそろ帰らないと電車が・・・


あとはこんなおつまみで、お茶を濁します。

Photo

          <ナチョス>

チリビーンズとサワークリムをかけて、ちょっと温めます。


11

          <ピクルス>

前もって仕込んでいた簡単ピクルス。

盛りつけた写真が無いので・・・


それから、

ドライフルーツやチョコレートやチーズやオリーブ。


最後は、お土産に頂いたケーキを切り分けて、


Photo_2

Photo_3

Photo_4

コーヒーと紅茶を入れて。


気持ちいい位に、み〜んな食べ尽くしてくれました。


今年もまた、

   ”お料理足りたかな〜” という不安があったけど・・・

楽しそうに過ごしてくれたので、まあ良かった良かった。


今日からまた来年に備えて、

     見た目にきれいで、

     おいしくて、

     手がかからない(これが一番大事だけど難しい・・・)

そんなお料理を考えなきゃ。



| | コメント (11) | トラックバック (0)

宴もたけなわ

よく数え直したら・・・

ゲスト17人+家族4人の計21人でした〜(*´ェ`*)


アルコールも適度に入って、皆さん盛り上がって来ましたよ。

次の料理は、


Photo

          <エン サラダ ルサ>


スペイン風のポテトサラダ。

でも、<エン サラダ ルサ>という名前は、

<ロシア風サラダ>と言う意味だそうで・・・ちょっと・・・?です。

これもバルセロナで食べたのを再現したつもり。

   じゃがいも・人参・グリーンピース・ゆで卵・ツナ缶を

   マヨネーズであえて、レモン汁と塩こしょうで整えます。

   きゅうりは入れないみたい。

味がなじむように、前日に作っておきました。

使ったじゃがいもは10個以上!


Photo_2

        <トルティージャ デ パタタス>


じゃがいも入りのスペインオムレツ。

じゃがいも3〜4個、玉ねぎ小1個、卵4個を使って。

これを3回焼きました〜

こっちでも使ったじゃがいもは10個以上!

じゃがいもと玉ねぎをオリーブオイルで揚げ焼きしてから

卵と合わせて焼くのですが・・・

普段ひとつ焼くときは、簡単な料理だと思っていたけど、

続けて3個焼くと・・・

揚げて、焼いて、揚げて、焼いて・・・で、

ちょっと疲れました (≧д≦)


Photo_3

           <フィデウア>


パスタのパエジャです。

スペインで買ってきたパスタはとっくに使い果たしたので

スパゲティを3センチ位にぽきぽき折って使いました。

けど、まだ長過ぎたみたい。

ちょっと見た目が素麺ぽい?

ムール貝をのせたのでなんとかそれっぽく見えますが、

パスタの感じは去年の方がおいしそう。


あ、それからもう一品。


Photo_5

          <たことクレソンのジュッ>


当日の写真を撮り忘れたので、以前作った時の写真です。

テレビで山瀬まみさんが作っていたのを拝借。

スライスしたたこに山のようなクレソンをのせ、

ポン酢醤油と煙が出るくらい熱したごま油をジュッimpact

でも、今回はスペイン風を意識して

お塩をかけてオリーブオイルをジュッとかけました。

それから、クレソンが足りなそうだったので・・・

ベビーリーフでかさまししました (*^.^*)


   

                                      (もうちょっと、つづく)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

宴の始まり

     順番が逆になりましたが・・・

           ホームパーティーが始まります!

ゲスト18人+家族4人の総勢22人です。



Photo

          <ドリンクバー>


例年缶ビールや缶チューハイが中心のアルコールですが、

夫の希望で今年はワインとカクテル中心に用意しました。

クーラーボックスに冷やしたジュースや炭酸水を用意して

セルフサービスという事に。


席を立つ事でいろんな人と話が出来ればいいね、という

ホスト側の心遣いです・・・エヘン!

お料理は、今年もスペイン風を意識してみました。




Photo_2

          <ムール貝2種>


”きれいな料理がいい” と言う夫のリクエストに応えて

まずはムール貝のオードブル。

バルセロナで食べたムール貝の再現

お土産に買ったスペイン料理の本に出ていた

アリオリソースの2種で彩りにも変化をつけました。




Photo_3

          <バーニャカウダ>


これはイタリア?スペイン料理ではないけど・・・

でも、先に作っておけてすぐに出せるので採用しました。

ソースだけちょっと温めればいいので。




Photo_4

        <アホ詰めチャンピニョン>


我が家のパーティー料理の定番。

にんにくと生ハムをオリーブオイルで炒めた物を

マッシュルームに詰めてオーブンで焼く料理。

バゲットも添えて、オリーブオイルをつけて食べます。

ちょっとおなかにたまるものも必要だし、

温かい料理(これは超熱いけど・・・)にこだわる夫も

これを出せば満足(?)

ゲストのためというより、家族のためかも・・・(*^-^)



こんな感じで今年のパーティーが始まりました。

                               (つづく)

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

家族で祝う!結婚記念日

去年は銀婚式(!)で、奮発してスペイン旅行に行ったのです。

が、今年はそんな余裕も無く・・・・・

夫が入手した焼き肉居酒屋(?)のクーポンを提供するというので

じゃあ、そこで・・・・・と思っていたのですが。

なんと娘達からのうれしいプレゼント!


Photo


”最近よくワインを飲んでるから、” と。

9月の夫の誕生日には、


Photo_3


ワインオープナーと空気を抜けるボトルキャップのプレゼントでした。

こんな良い娘達にいつの間にやら成長していたんですよ!


娘達の好意をありがたく受け、4人揃ったある週末に

お祝いをしました。


Photo_4


じゃがいも入りのトルティージャ(スペイン風オムレツ)とサラダ。

それから、


Photo_5


アホ(にんにく)詰めチャンピニョン(マッシュルーム)


   残念ながらスペイン語の正しい料理名が分かりません・・・

オリーブオイルで炒めたニンニクと生ハムをマッシュルームに詰めて

オーブンで焼きます。


実は去年のスペイン旅行でぜひ食べたかった一品だったのですが、

バルセロナの料理ではなかったらしく・・・

残念ながら本場の味には出会えませんでした。


我が家では人気の料理で、パーティーや誕生日のお祝いを家でやるときに

リクエストされます。

お皿のオリーブオイルはパンにつけて食べると、またおいしいんです。


Photo_6


もちろんワインも。

割ってしまいそうでなかなか登場しない、

さるお祝いに頂いたバカラのグラスで楽しませて頂きました。


デザートには、


Photo_7


生ハムメロンならぬ、生ハムラ・フランス。

アホ詰めに使った生ハムを少し残しておいて作りました。

メロンよりこっちの方が私は好きなんです。

お手軽だし、食べやすいし・・・



焼き肉のクーポンは、予定通り後日夫とふたりでちゃんと使いました(笑)



| | コメント (5) | トラックバック (0)

スペイン風オムレツ

スペイン料理第2弾は、

トルティージャ デ パタタス(じゃがいものオムレツ)です。

Photo


<材料>

     じゃがいも      3、4個

  玉ねぎ        2/1〜1個

  卵           4個

  塩           小さじ2/1程度

  オリーブオイル   適量


<作り方>

  1)   じゃがいもは皮をむき、3mm程度にスライスしてボウルに入れ

    塩を全体に混ぜる。

 2)  フライパンにオリーブオイルを1cm位入れ、中火でじゃがいもを

    揚げる(というより煮る、という感じ)

 3)   玉ねぎも3mm位にスライスして加え、じゃがいもに火が通るまで

    じっくり揚げる。

 4)   卵をボウルに割り入れ、ほぐしておく。

 5)   じゃがいもに火が通ったら油を切り、卵に加える。ここで味をみて

    足りなければ塩を加える。

 6)   フライパン(厚みを出すために小さめな方がベター)にさっき切った

    オリーブオイルを適量入れ、5)を流し込む。

 7)   焦げ付かないようにゆすりながら、弱めの中火で3分ほど焼き、ふち

    が固まったら一度皿に取り、ひっくりかえして両面を焼く。


 

写真のトルティージャ薄く見えますが、中央がへこんだお皿なので、

倍の厚さです。

塩とオリーブオイルだけですが、いい味でしたよ。

それから、中まで十分火を通すのがスペイン風!

半熟ふわふわではありませんよ。


以前スペインで食べたのを再現しようとしたとき、オリーブオイルで火を通す

ことを知らず、でもゆでたのとも違うし・・・・と悩んで、じゃがいもをレンジで

チンして作った事があります。

それはそれでおいしかったのですが、今度の作り方には遠く及びません。


じゃがいもと玉ねぎと卵、いつも家にある材料でできるのも魅力!


この日は他に、ローストビーフのサラダとひよこ豆のスープ。

Photo_2

ひよこ豆の水煮缶の塩味と、コンソメで味を整えました。

玉ねぎと人参、ベーコン入りです。


パンを買うのを忘れてしまったのですが、ひよこ豆で結構おなかがいっぱいに

なって、我が家ではパン無しでも十分でした。


そうそう、忘れていましたがデザートも。

Photo_3

   甘酒ヨーグルト

夫作です!

コーヒーフィルターで漉して水分を切ったヨーグルトと甘酒を混ぜて

冷凍庫で1〜2時間。

凍る前、でも冷蔵庫で冷やしたよりは冷たいという状態でした。

水分を切ったヨーグルトがクリームチーズのようで、でもそこまで重くなく、

甘酒の甘みともよく合って・・・・・

甘酒の甘みがちょっと〜という娘達にも好評なデザートでした。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

ガスパチョ作りました!

スペイン語の先生に、 ”スペイン料理を作りたい!” とお話ししたら

さっそくレシピを下さいました。

暑い夏にぴったりの、 ”ガスパチョ” です。

Photo

<材料>  3〜4人前

  トマト(完熟)       3〜4個
  玉ねぎ          1/2個
  きゅうり          1/2本
  パプリカ(赤)       1個
  ピーマン          1個
  ニンニク          1/4片
  フランスパン       2〜3切れ
  レモン汁         1/2〜1個分
  オリーブオイル     大さじ3
  塩             小さじ1/2
  冷水            1カップ

<作り方>

 1) 野菜はすべてざく切りにし、ニンニクはつぶす。

 2) フランスパンは皮の部分を除き、白い部分だけを少量の水に浸す。

 3) 塩と冷水以外の材料をすべてミキサーに入れ撹拌する。

 4) 好みのとろみ具合になるよう冷水を加える。

 5) 味を見て、塩で味を整える。

 6) 分量外のトマト、きゅうりなどをみじん切りにして上に飾る。


ざっとこんな感じですが、私は結局水は加えませんでした。

トマトやあるいは加えるフランスパンの分量などで、とろみ具合が違ってくる

のでしょうね。

いろんなレシピがあって、レモン汁ではなくビネガーを使っていたり、

野菜の分量なんかも随分違うようです。

野菜の味がそのまま出るスープなので、その時々で味見をしながら

好みの味に仕上げるのがいいんでしょうね。


でも、今回の ”ガスパチョ” 好評でしたよ。

Photo_5

夫のカナダ土産のハーブソルトで味付けした鶏肉のソテーと

最近お気に入りの豆のサラダとともに。

Photo_6

スパイシーでなかなかおいしいお塩でした。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)