キャンプ

キャンプの楽しみ

満開の桜を見ていると、十日前に氷点下の夜をキャンプ場で
過ごしたことが本当のことだったのかしらと思えてきます。

22

焚き火を眺めながら夜を過ごそうと、焚き火台を新調したものの
あまりの寒さに長居は出来ず・・・・・
早々にテントに引き上げても、テント内もマイナス5度。

帽子をかぶって、ネックウォーマーを鼻まで引き上げ、
薄手のダウンは着たままで、二重にした寝袋にもぐり込む。
もちろんこの日のために買った湯たんぽも一緒に。

幸い寝室部分は狭いこともあって、ふたりの体温で気温は高め。
なんとか朝を迎えることができました。


私の誤算は、下半身の防寒対策を怠ったこと。
ウォームアップスーツを着込んだ夫が羨ましかったです。

太ももの冷えが異常なくらいだったんです。
”あ〜、私の太ももは脂肪で満たされている!”って
冗談ではなく実感した次第です。


さて、今回のキャンプの食事は・・・・・

塩焼きの鰯もレモンを搾って食べれば

21

    <スペイン マラガ風の鰯の塩焼き>

21_2

こちらはそのまま <サザエのつぼ焼き>



22_2

朝食はまたまた <じゃがいものガレット、ディル風味>
ひっくり返す時ちょっと失敗していびつです。


21_3

夕食には、<ムール貝のワイン蒸し>や


23

     <お肉柔らかポトフ>

ポトフは、フライパンで焼いたお肉を鍋でコトコトとはせずに


23_3

バスタオルに包んで寝袋に入れて保温調理。
これがなかなかどうして、柔らか〜になりました。


その他、家で多めに作って持っていったロールキャベツや
全粒粉のパン、焼おにぎりに野菜焼き等々。

そんな中、今回のグランプリ料理はこちら。

23_4

           <リゾット>です。

三泊もすると持参したパンもおにぎりも食べ尽くし、
ご飯を炊こうかという話になったのですが・・・
ご飯を炊くよりリゾットの方が簡単かもということで。

ポトフのスープで作ったので、いい味が出ています。
それに、おつまみの残りのチーズも入れたらもう!

簡単で、無駄が無く、ごみも減らせる!
意外にも、アウトドア向き料理だったんです、リゾット。


さあ、次のキャンプはいつかな〜?


| | コメント (6) | トラックバック (0)

早春キャンプ in 朝霧ジャンボリー

三連休に一日プラスして、21日から24日までの三泊で行ってきました、早春の朝霧ジャンボリーオートキャンプ場。

8時のチェックインに合わせて6時前に出発。
ほぼ予定通りの8時5分着。

チェックインを済ませていつものお気に入りの場所へ行くと、
なんと、先客がテント設営中!
第二候補の小高い場所にテントを張ることにしました。


風が強かったのでとりあえずはしっかりとテントを張って、
荷物を下ろし始めると・・・・・夫からの催促が・・・


21_2

いつの間にか恒例になった<ウエルカムドリンク>です。

コロナを飲むにはちょっと寒い気もしますが、
富士山を眺めながらのコロナは格別です。


21_3

おつまみはチーズ三種と、しゃなママさんの金柑コンフィ
金柑コンフィは初めて作ったのですが、ほろ苦甘くて、
おつまみにぴったりでした。


”そろそろどう?” と催促するのはいつも夫ですが、
実はこれ用に、すぐ出せるおつまみを用意している私(笑)


この時はまだ・・・・・
3月の朝霧高原の夜の寒さを知らないふたりなのでした。




| | コメント (3) | トラックバック (0)

キャンプの朝食 じゃがいものガレットとパンコントマテ

前日一日中降った雨も夜中には上がり・・・

”星が綺麗だよ!” と夜中の三時に夫が起こしてくれました。

ここで問題です!

   (問題)この時の筆者の気持ちを次の中から選びなさい。
      ① こんなに綺麗な星空を一緒に見られて幸せだ。
       ② 眠いし寒いし迷惑だ。
       ③ 本物の星空よりもスカイマップの方が気に入っているみたい。
       ④ この分なら朝のテント撤収で濡れる心配は無さそうだ。



さてもう一眠りして、朝食作りです。

21

       <じゃがいものガレット> 

GWキャンプでも作って、美味しかったので再度。
ディル入りです。


 *材料*

    じゃがいも
    ディル
    塩・胡椒
    オリーブオイル


 *作り方*

   1) じゃがいもを千切りに(水にさらさない)
   2) 塩胡椒とディルを 1) に混ぜる。
   3) フライパンにオリーブオイルを入れ、2)を焼く。
   4) フライ返しで押さえながら形を整えて裏も焼く。


GWのときは片栗粉(小麦粉だったかも・・)を入れたので
もう少しまとまりが良かったような気がします。
でも、粉無しでもなんとかなりました。


もうひとつ、パンコントマテも焼きました。

21_2

         <パンコントマテ>  
 

21_3

  *材料*

     バゲット
     トマト(完熟がおすすめ)
     にんにく
     オリーブオイル
     塩


  *作り方*

    1) バゲットを縦半分に切り焼く。
    2) 焼けた面に半分に切ったにんにくをこすりつける。
    3) さらに、半分に切ったトマトをこすりつける。
    4) 塩とオリーブオイルをかけて召し上がれ。



バルセロナのサンタカタリーナ市場のバルで食べたのには
負けますが、CAFE ZURICH のよりは美味しい!と思う。
これも、炭火で焼く効果なのかもしれません。

にんにくはあんまり塗りすぎると辛いし、後で口の中が
にんにく臭くなるので控えめに、がいいですよ!



     ところで問題の解答ですが・・・・・
        この類いの問題って、筆者でも正解がわからないなんてことが
        多々あるらしいので、あえて答えずに・・・(笑)




  

| | コメント (5) | トラックバック (0)

キャンプの夕食 ムール貝の白ワイン蒸し

夕方になっても何とか天気はもってくれています。
でも、いつ降り出してもおかしくない天気。
早めに夕食の準備に取りかかります。

19

     <ムール貝の白ワイン蒸し>

ホタテを炭火焼で食べたくて探したのに売ってなくて、
かわりに見つけたのがムール貝。
メニュー変更で白ワイン蒸しになったという訳です。

*材料*

   ムール貝・にんにく・玉ねぎ・白ワイン
   イタリアンパセリ・オリーブオイル


*作り方*

 1) ムール貝は、貝から出ているひも状のものを
    引っ張って抜き、きれいに洗う。

 2) 鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくを炒める。
    香りが出たら玉ねぎを入れ透き通る位まで炒める。

 3) 2の鍋にムール貝を入れてざっと炒め、白ワインを
    そそぐ。

 4) 蓋をして貝が開くまで蒸し。イタリアンパセリの
    みじん切りを振りかける。



どんどん風が強くなってきて、切るそばからパセリが飛んで行く。
だから、みじん切りとは呼べないちぎりパセリです。


お店で食べるムール貝は、私と夫には塩気が強すぎたり
バターの風味がしすぎたりすることが多いのです。

ムール貝の塩気だけで私達には十分でしたが、
塩気を見て、足りなかったらお塩プラスでどうぞ。



何とかもった天気も、夜中から風が強くなり、雨も。
翌日は、こんな有様でした。

20

雨がひどくなる前に皆さんお帰りでした。
が、我が家はもう一泊。

頑張れ!テント! 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秋キャンプ

今年の夏はキャンプに行けずじまいでした。
秋になったら行きたいね、と夫と話していてやっと行けそうとなったのが、
先週末から土・日・月の二泊三日。

天気が悪そうで直前まで悩んだのですが・・・
これ以上寒くなったら無理そうだし・・・と決行しました。

行き先はいつもの ”朝霧ジャンボリー”

19

      <恒例のウエルカムドリンク>


とりあえずテントを張って・・・・・

”そろそろエネルギー補給しない?” と夫が言うので
急いで準備したのがコロナとおつまみ。


19_2


生ハムとチーズとトマト。
コロナにライムも忘れませんでしたよ!

とはいえ、富士山に雪が降るようなお天気。
コロナを飲むにはちょっと寒い日でした。


この後残りの準備を整えて(天気が下り坂なので念入りに)から
炭火を用意して・・・

昼食は、

19_3

         <炭火焼の秋刀魚> と、

19_4

          <焼きおにぎり>


家では内蔵を出しちゃう派の私ですが、
キャンプの炭火焼は丸ごと焼いて内蔵も食べちゃいます。

前の晩に炊いたご飯でおにぎりを作っておいたから、
焼きおにぎりもすぐできます。
唐辛子味噌が香ばしく焼けて、美味しくできあがりました。



天気が崩れるってわかっていても、キャンプに来る人って
結構いるんですね。

小さな女の子が ”ドングリがいっぱ〜い!”って叫びながら
袋にいっぱい拾ってました。
我が家にも、あんな頃があったのよね・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キャンプの食事 in 朝霧ジャンボリー

キャンプ中はこんな朝ご飯を食べました。

Photo

     <じゃがいものガレット>

奥はじゃがいもだけのプレーンタイプ、手前はディル入りです。

Photo_2

         <そば粉のガレット>

ハムとチーズとベビーリーフ。
卵も入れて焼きたい所ですが、夫の健康上の理由で・・・

Photo_3

炭火で軽くあぶったパンにハムと野菜を挟んで。



”退職後は、毎日こんな朝食を食べたいね〜”なんて話しながら
朝日の中でのんびりとした朝食でした。


夜はもう、炭火焼きばかり。

Photo_7

           <鮎>

Photo_4

            <ほっけ>

Photo_5

            <焼き鳥>

Photo_6

            <そらまめ>

他にも、野菜やししゃも、厚揚げも。

炭火焼だと、外はカリッと中はふっくら。
焼き鳥も焼魚も、家で食べるのとは大違い。
焼き鳥屋さんの焼き鳥みたいになるのです。

Photo_8

もちろん、デザートの焼バナナも炭火焼き。

とろとろの焼バナナは、そんじょそこらのスイーツよりも美味しい!
食べるたびにそう思う私なのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

GWキャンプ in 朝霧ジャンボリー

GWキャンプは久しぶりです。
今回もまた、夫とふたり。

渋滞を避けたい夫は仕事をやり繰りして、26日in30日outの日程。
行き先は、朝霧ジャンボリーオートキャンプ場。

26日はGW前日ということで、チェックインも朝8時
(夫に指摘されました!トップシーズン以外の平日は8時30分です!)m(_ _)m
途中、食料調達しながら行ったので昼近くになっちゃいましたけど・・・

526

テントを建てたらまずはこれでしょ!
一口飲んじゃってから、あわてて写真を撮りました(笑)    

526_2

着いた時にはうっすらだった富士山も、午後にはこの姿。
GW前なので、広いサイトには私達の他テントはひとつ。
富士山ひとりじめです。

527

27日も朝からこの勇姿。
今日からGWなので、これから混んで来るのかな〜
なんて言いながら・・・

527_2

今日も昼からコロナで乾杯!
テントは増えて来たけど、広いサイトだからゆったりしています。

528

28日も富士山は立派な姿を見せてくれました。
小高い場所にテントを建てたので、ほかのテントからの距離も絶妙。

食べて、飲んで、読書して、それにも飽きたらボーッと富士山を眺め・・・
しなければならないことが無い時間を満喫しました。

529

そして29日もまた富士山。
周りの家族は帰り支度をしているけれど、私達はもう一泊。
30日は天気が悪そうなので、最後の富士山を堪能しました。


こんなに毎日富士山が綺麗に姿を見せてくれるなんて、奇跡的!
しかも、四泊して雨に降られないなんて!


家からの距離も丁度いいし、広々としている朝霧ジャンボリー。
もう他には行かずにここに決めよう!と夫。

ただ心配なのが・・・・・
富士山が世界遺産に登録されて、観光客が増えること。
キャンプ場は大丈夫でしょうけど、道路が混みそう。
夫に頑張ってもらって、世間の休日とずらして行くしかないかな〜


                  キャンプでの食事は次にまとめてsweat01

| | コメント (7) | トラックバック (0)

久々のキャンプ

夏休みに、夫とキャンプに行って来ました。
去年の10月以来だから、久々です。

Photo_2

標高の高い場所だったので、霧が流れてひんやりとしたり、

Photo_3

朝起きてみたら、眼下に雲海が広がっていたり。

猛暑、真夏日、熱帯夜なんて、どこの話?という感じ。

Photo_4

蚊はいなかったけど、蠅(近くに牧場があったからかな?)や
小さな羽虫やミツバチがいたので、
蚊取り線香よりもこんな虫除けの方が役立ちました。


料理は相変わらずの炭火焼。
ホタテやイカ、ラム肉も焼いて美味しかったけど、
写真が無くて・・・・・

暑さを忘れてのんびりと過ごしました。



| | コメント (9) | トラックバック (0)

そして翌朝

夫よりも先に寝袋に入ったけれど、翌朝は夫よりも遅い目覚め。

最近の夫は、お休みの日でもいつもの時間に目覚めるようで・・・

もう炭の用意もできていました。

テントの中はそれほどでもなかったけれど、外はやっぱり寒い!


11103


テーブルの下に炭火をおいて暖をとります。

朝食は、


11103_2


      昨日の残りのソパ デ アホ

      夫が入れてくれたコーヒー

      そして、炭火で焼いたパン


朝霧ジャンボリーオートキャンプ場は、ゴミ持ち帰りなので

極力ゴミを出さないように、作った物は食べ尽くします。

チェックアウトは16時だから時間はたっぷり。

   夫は持って来た仕事をし 無粋!

   私はスペイン語の勉強や読書 優雅〜

   座っているのに疲れたらふたりで場内の散歩

ゆっくり、ゆったりした時間が流れます。

月曜日だから、場内はがらがら。

ちょっといい場所を見つけたので、昼食はそっちで食べる事にしました。

テントをたたんで場所を移動   普通こんなことはできないと思うけど・・・

写真では平らに見えるけど、ちょっと小高くなっている場所です。

そして、夫の指差す方向に富士山が見えるはず 実際ちょっとだけ見えました!


11103_3


椅子と七輪とクーラーボックスだけ出して、昼食です。


11103_4


     ししゃも

     パン コン トマテ

     残りのトマトを焼いて・・・

     帰る直前だから、ノンアルコールビール


ゆっくり昼食を食べて、高速が混まないうちに帰途につきました。



ところで・・・・・

長年使って来た、コールマンのガソリンストーブ。


11103_5


とってもよく働いてくれていたのですが・・・

どうも、ポンピングしても圧がかからなくて・・・

今回はなんとかしのげましたが・・・

私はとっても愛着があって、部品交換すれば?と思うのですが、

夫はガスのツーバーナーに買い替えたい様子です。

まあ、ガソリン入れるのも夫、ポンピングするのも夫、

その上夫がお小遣いで新しいのを買うと言っているので・・・

私には発言権はないようです。

来年のキャンプには、新しいガスバーナーが登場するのかな〜?



 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今年も朝霧ジャンボリー!

去年の今頃行って、その広さに感激した朝霧ジャンボリーオートキャンプ場。

今年も夫とふたりで行って来ました。

土日で行くと帰りの高速が混みそうなので、

10月2日3日の日月で。

チェックイン8時なので、朝食もキャンプ場で食べる事にして

朝6時に家を出ました。


11102


何はさておき、恒例のウエルカムドリンク wine ちょっとだけね。

一息ついてから、朝食の用意。

私がオリーブオイルで茄子を焼く間に、夫は炭火の用意。


11102_2


炭火て軽く焼いたパンに、オリーブオイルで焼いた茄子と

トマトをはさんで、出がけに摘んで来たバジルをのせて。

腹ごしらえをしてからテントをたてます。


11103


こんな広い場所とこの景色を独り占め 正確にはふたり占め

後はもう、のんびりと・・・


11102_3


焼きおにぎりを焼いたり、


11102_4


秋刀魚を焼いたり、


11102_5


ホタテを焼いたり。

これが、昼食かな?

夕食には、 ソパ デ アホ を作りました。


11102_6

スペイン料理で・・・

          ソパ(sopa)は、スープ。

          アホ(ajo)は、にんにくのこと。

一度食べてみたいと思いながらそのチャンスに恵まれず・・・

それならと、ネットでレシピを検索して自分で作る事にしました。

     たっぷりのニンニクと、バゲット、生ハム、パプリカ(粉の方)、卵。

     コンソメと生ハムで味付け。

バゲットがお麩のようにとろとろになって、体が温まります。

思いの外寒くてダウンを着込むほどでしたが、

このスープのおかげでポカポカでした。

そう言えば、このスープを煮込んでいる頃、西の空は・・・


11102_7


こんな夕焼けでした。

雲の多い日で、なかなか富士山が顔を見せてくれなかったのですが、

反対側を見ると・・・

林の向こうに赤く染まる富士山が!

急いでカメラを持って絶景ポイントへ走る走る run

ちょっと遅かったけど、


11102_8


かろうじて間に合いました。

東側にあるのに赤く染まる富士山、不思議でした。

でも、みるみる黒い姿になっていって・・・

もっと早く気づけばと、ちょっと残念。


いつもなら夕食後も一杯やりながら夜を過ごすのですが、

なんだかとっても眠くて・・・

夫を残して、先に寝袋へ潜り込みました・・・・・sleepy



                  翌朝の様子はまた次に・・・



| | コメント (7) | トラックバック (0)