娘の手料理

娘に教わる白パン

結婚した娘が遊びに来た時に、自分で焼いたという
白パンをお土産に持ってきてくれました。

24_m

手作りのジャムも一緒に持ってきてくれたので
翌日の朝食に。

ホームベーカリーを誕生日のプレゼントにもらったのに
食パンオンリーで、なかなか成形パンに挑戦出来ずに
いたのですが・・・・・

娘1号の焼いたという白パンを見て、闘争心に火が!
というか、1号に出来るなら(失礼!)私にも出来る?
と思った訳です。

”レシピを教えて” と言ったら、
ホームベーカリーメーカーのホームページを
教えてくれました(笑)

”ショートニングが無い” と言ったら、
バターで代用してるけど問題ないとのこと。


一気にハードルが下がった感じで、私の初白パン。

25

早速画像をメールしたら、綺麗に焼けていると
ほめられました。

茶こしでふるった粉が綺麗だと。
新婚の娘宅には茶こしが無くて、何と!
”味噌こし”で代用しているから綺麗にいかないとか(笑)


共働きで忙しい中でも、一汁三菜を心がけていたら
旦那様が作る夕食にも副菜が付くようになったらしいし。


なんだかとっても楽しそうな新婚生活を送っているようです。
お互いに、相手に優しい夫婦でいてくれて安心しました。


         そうそう、ジャムのラベルのテープ・・・・・  
         ”手でちぎってある所が1号らしいよ”と夫。
         ”自然な感じになるようにわざとじゃないの?”と私。
    
                 さて真相は?



| | コメント (9) | トラックバック (0)

娘1号ピザを焼く

お正月休み最後の夕食は、ピザ。
この休み中、料理づいている娘1号が焼いてくれました。

6

           <マルゲリータ>

お餅と海苔ではありません!
この後、生のバジルもちゃんとのせました。
娘1号の好みで、トマトソースたっぷり。

6_2

          <キーマカレーピザ>

冷凍庫に眠っていたキーマカレーをたっぷりのせて。
茹でたじゃがいもをスライスしてのせていました。
娘2号は、 ”コロコロの方がいいな〜、次は!”だって。

6_3

     <きのこのパテとニシン缶のピザ>

MOGさんのきのこのパテが美味しそうでまねして作ってみたのです。

6_4

ついでにポーランドから買って来たまま食べてなかった缶詰も。

6_5

結論から言うと、一緒にしない方が良かった!

せっかくのきのこの香りを、魚臭さが邪魔しちゃって・・・
”きのこのパテだけの方が良かったね” と全員一致の意見でした。


ピザは娘1号が焼いてくれたので、私はこれを。

6_6

        <ズッキーニの天ぷら>

”コツのいらない天ぷら粉”使用で coldsweats01 中は柔らか、外はカリッと。
思ったよりもずっと美味しく出来たので (実際お店で食べたのより美味しいと夫も・・・)
時々作ることになりそうです。

家族4人そろって焼きたてのピザを食べながら、
終わってしまうお正月休みの名残を惜しんだのでした・・・


| | コメント (7) | トラックバック (0)

娘1号コロッケを作る

おせち用の煮しめを作って気を良くした娘1号。
今度はコロッケを教えて欲しいと言います。
家族からのリクエストがあるにもかかわらず、
重い腰を上げない私への挑戦かしら? 

2_m

        <久々のコロッケ>

口で手順を言えば簡単なんだけど・・・
全部ひとりで作るには、私の助言が必要だと言われ・・・

 ・時間がかかるからまずはじゃがいもを茹でて、
 ・皮ごと茹でる方が水っぽくならないしゴミも少ないよ、
 ・玉ねぎは炒めるんだからみじん切りは適当でいいよ、
 ・玉ねぎと挽肉に塩胡椒は強めにした方が味が引き締まるよ、

手は出さずに、こんな指示を横から出す私。

 ・我が家流のコロッケのポイントはコンデンスミルク!

これが一番のポイントなのです。
まだ結婚前だから、おそらく30年近く前、ある料理番組で、

『だまされたと思ってコンデンスミルクを入れてみて!』という

料理研究家(誰だったかは・・・?)の一言にだまされてみようと。
この結果、私の母の味から私の味へとなった訳です。

そんな歴史も話しながら、娘に私の味を引き継ぎました。


同じ大きさにそろえるのは意外に難しい等と言いながらも
揚げる所まで無事クリアしました。

2

        <コロッケの日の食卓> 

2〜3年前ならコロッケだけでいっぱいだったはずの娘1号ですが
副菜もバランスよく作れるようになりました!

もっとも、娘1号の年には私は娘1号を出産していた訳で・・・
これくらいできて当然、とも思いながら・・・

ずーっと実家暮らしだと、かえって何もしなくなるのが難点。
そこを何とか脱してくれたようなのでホッとしました。


娘2号にも以前伝授しているコロッケ
これで二人の娘が私の味を引き継いでくれるでしょう、多分



| | コメント (7) | トラックバック (0)

料理修行中

何かと忙しい娘達ですが、気が向くと夕食を作ってくれます。
統計を取っている訳ではないけれど、
1〜2ヶ月に一回くらいの割合でしょうか?

最近作ってくれた料理はこちら。

28

   <ゴールデンウィーク中の夕食> by 娘1号

      ・タコと豆のトマト煮込み (正式名称は・・・?)
      ・水菜とツナのサラダ
      ・ドライいちじく・レーズン・クルミ入りチーズボール
      ・自家製パン

トマト煮込みは、ラタトゥイユにタコと豆をプラスしてピリ辛にした感じ。
優しい味のラタトゥイユも美味しいけれど、ピリ辛もこれからの季節
うれしいですね。

チーズボールは、以前私が作ったカマンベールサンドと同じ材料を
混ぜて小さなボール状にしたもの。


同じ材料で作っても、最初に舌に触るのがチーズだったり
ドライいちじくだったり、ボール状の方がおもしろい味になります。
でも手間がかかるから・・・私はサンド派で行きます!



料理はあんまり好きではないと言っていた娘達も、
ちょこちょこと作っているうちに手際も良くなり
そうすると、前ほど苦ではなくなって来たみたいです。


本当はもっと頻繁に作って欲しいというのが母の本音です(笑)




| | コメント (5) | トラックバック (0)

娘2号のパスタ

時間に追われて生活している夫や娘1号に比べて、

大学生の娘2号は時間に余裕があるみたい。

日によって出かける時間もまちまちなので、基本ほったらかし。

自分で適当に何か作って食べて出かけます。


そんな娘2号が

”パスタ作るけどお母さんも食べる?” と言ってくれました。


14c

   <トマトとモッツァレラのパスタ> by娘2号


以前イタリアンレストランでバイトしていたのが役にたったのでしょうか?

パスタの塩味もちょうど良く、おいしい出来上がり。



私が作るパスタより数段上の出来です(泣)

私は茹でるときの塩加減がいつも今ひとつで・・・

味がぼやけてしまいがちなんですよね。

だから作る回数が減って、上達しない、負のスパイラルですdown


一度、きちんと量をはかって作ってみた方がいいのだけれど・・・

苦手なんですよね〜そういうの・・・・・



| | コメント (7) | トラックバック (0)

娘達作のピザ

ずいぶん前の話なんですが・・・

久しぶりにピザが食べたい、と言う夫。

せっかくならみんな揃った日にしましょうよ、と言う私。

娘二人に提案した所家族全員揃う日がわかり、カレンダーに印がつきました happy01


当然私が作るものと思っていたのですが、

娘2号が ”レシピを教えてくれれば作るよ” と言ってくれました。

ピザ生地のレシピを渡し、トマトソースや他の具の作り方は口で伝え、

夫とワインを飲みながら待っている・・・なんと言う幸せ wine

途中から娘1号もキッチンに立ち、ふたりで焼いてくれました。


15_2

          <マルゲリータ>


15_3

       <茄子と挽肉 トマトソース無し>


15_4

        <茄子と挽肉 トマトソース> 


ピザのときはいつも、次を焼くために立ったり座ったり忙しいけれど

この日はそれも娘達がやってくれて、殿様気分(古っ!)


15_5

          <カプレーゼ>

バジルたっぷりのカプレーゼも作ってくれました。

たまにはこんなのもいいよね wink





      ・‥…━━━☆・‥…━━━☆家族の皆様へ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

                夫を持ち上げ、次に娘達を持ち上げ・・・・・

             何かあるのでは?と不安に思っているでしょうか?

               ご心配なく、私の心のままに書いてます happy01

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

うどん対決!娘も参戦!

五分五分の引き分けだった私と夫のうどん対決。

日曜の昼に娘2号が作っていたうどんがちょっと気になって。

急遽参戦してもらいます。


C

         <キムチチーズ納豆うどん>


午前中に夫と出かけた買い物に時間がかかって、

一時近くになって帰宅すると、娘2号が自分の昼食を作っていました。


作る過程は見てないのよくわからないけど、

おだしにキムチとチーズと納豆と卵が入っているそうです。

スープを一口だけ飲ませてもらったら

キムチの辛さがチーズでまろやかになって、そこに納豆が。

だめな人は絶対だめな香りでしょうね〜

私は好きな味ですけど・・・


娘2号の自己評価は

   おいしいけど、味に飽きるかも・・・という事でした。

さっと茹でたレタスとかもやしとか、食感の違う野菜が入れば

良いのかもしれません。


ただ、次があるかどうかは・・・・・わかりませんけど・・・・・ bearing



| | コメント (4) | トラックバック (0)

今度は娘1号の名誉挽回

娘2号の名誉のために訂正記事を書いたら・・・


娘1号からのコメントが・・・

    すみません、なんにもしない娘1号です・・・


お〜、こんな事ではいけない!

だって、なんにもしない娘ではないのだから。

娘1号だって、たまにはおいしい夕食を作ってくれたのにsign01


M

             <冷しゃぶ>


M_2

           <かぼちゃの煮もの>


M_3

      <きゅうりとかにかまのメンマ和え>


写真では伝わらないのが残念ですが、

カボチャがとってもおいしかったんですsign01

私が作ったのよりも・・・coldsweats01



もっと、若い娘らしい料理も作っていたような・・・

写真を探したら、ありました!去年の12月だったけど・・・

M_4

  <トマトシチューのコーン入りマッシュポテト添え>


半年も前の事なので、あんまり良く覚えてないけれど

さっぱりめのさらっとしたシチューでした happy01

次は、どんな料理を作ってくれるのかしら?

楽しみ楽しみ〜notes



 

    

| | コメント (9) | トラックバック (0)

持つべきものは・・・


家事の中では料理が一番好きとは言っても・・・・・

パート仕事とはいえ、新年三日から仕事に行く身としては・・・・・

夕食のメニューを考えるのは・・・・・


などと考えている所へ、娘1号からの嬉しいメールです。

”今日の夕食は私が作ろうか?”ですって。


もちろん、すぐに ”お願いします” と返信しました。

で、三日の夕食はと言いますと・・・


Photo


娘1号の大好きな <ビーフストロガノフ>

それから、


Photo_2


       <チキンパストラミハムとアボカドのサラダ>


このチキンハムは、娘2号の大学の先輩から後輩へのプレゼントだそうで・・・

ありがたく家族で頂戴いたしました。


これだけでも十分ありがたく、嬉しかったのに、

翌四日にもまた

”今日も私が作ろうか?”とのメール。

断るはずがありません。


Photo_3


生姜焼きとサラダです。


Photo_4

    <生姜焼き>

娘1号好みのちょっと甘めの味付けでした。

つけ込まないで作るらしく、お肉が柔らかく仕上がっていました。

今時の子は母親から料理を教わるのでは無く、

レシピもネットで検索なんですね・・・・・・


Photo_5


    <玉ねぎとパプリカとツナのサラダ>

料理人の先輩として、”緑があった方が良いんじゃない?”と

冷蔵庫に残っていたセルフィーユをのせてみました。


両日とも若い娘らしく、野菜たっぷりのメニューでしょう。

持つべきものは、こんな娘!

 

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

娘2号作の朝食 and 夫作の昼食

休日の朝、娘2号が朝食にオープンサンドを作ってくれました。

Photo

卵好きの娘2号、ゆで卵にマヨネーズは定番ですが

この日はそれにアンチョビをプラス。

半分は乾燥バジル、もう半分はブラックペッパーをかけてみました。

アンチョビが大人の味にしてくれて、おいしい卵サンドでした。


そして昼食。

休日の昼食は、いつも夫が作ってくれますhappy01

私は野菜の千切りなど夫の苦手なことを手伝うだけ。

この日は、ラーメンサラダ(サラダラーメン?)

Photo_2

野菜だけはいつものように私が切って、盛りつけは夫。

昼食作りの主導権は夫にあるので、頼まれた事だけを手伝い、

決して口は出しません。

盛りつけに多少の難があっても・・・

| | コメント (6)

より以前の記事一覧